カテゴリ:** 2017 BALI **( 29 )

2018年 02月 13日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ番外編(フライト・キャンセルにご注意を) **
e0142189_22154183.jpg



デンパサール空港のラウンジにて。




一人でぶらぶらすることに慣れてくると、
時に見知らぬ人と助け合ったり、心触れあう場面に出くわすことがあるんです。



「旅は道連れ世は情け」とはよく言ったもの。



12時間前までは全く知らなかった人たちと、ラウンジで別れを惜しむことになるわけですから、
ほんと、人生何があるか分かりませんw




まずは事の起こりから。
(長文になります)


いつものように空港ラウンジでスマホの充電と軽く食事をし、
デンパサール深夜発⇒成田早朝着なので機内でぐっすり休むべく歯磨きと洗顔を終えたのでした。



そして、さぁ搭乗口へ、と思っていたのです。

でも搭乗券のゲート欄は空欄で、電光掲示板で確認したけど同じく空欄。。。

間近になってきたので近くにいる空港職員に聞いてみたんです。

成田行きGA880の搭乗口は??

「いつもは○番ゲートだけど、、、」と。
その職員さんも未だ搭乗口が表示されない理由が分からないようで、何やら歯切れが悪いお答え。。。



まぁ、、、ここはインドネシアw

こんなんことでイライラしていては損した気分になるんですw
職員さんが言っていた搭乗口付近で座っていることにしました。





↓ 深夜、ホテルへ連行される成田行きの乗客たち。
e0142189_16164973.jpg


間もなく、その搭乗口から出発する予定(別便)のアジア某国の人たちが押し寄せ、
一気にカオスな状態に。。。


とっくに出発時刻を過ぎている成田便。
すると、その成田行きに関してのアナウンスがちいさーく途切れ途切れに聞こえてきた。
「ナリタ、、、、、ホテル、、、」と重要なワードだけ耳に入ってきたんです^^;
え?何?今の。もしかしてフライトがキャンセルされたのかな?


アジア某国の人たちの、アジア某国の人たちによる、アジア某国の人たちのための日常。。。
いよいよ搭乗開始で一層高まる日常、ロック顔負けの大音響に、かき消されるアナウンス。
あの、、アナウンスが殆ど聞こえないんですけど。。。
でも彼らにとっては日常なので、搭乗口前にいた私が悪いのです^^。


内容が分からなかったので、ゲートにいた職員さんに事情を聞いてみると、
「遅れてるので待っていてください」と、先ほどの職員さんと同じお答え。
そうか、近くにいたこの職員さんにアナウンスが聞こえている筈はない^^;


すると間もなくその職員さんがやって来て、後方を指さし、
「あの男性が説明しますので聞いてください。」と。


見ると少し離れた所に複数の日本人がいて、その中央で叫ぶように何かを話している男性がいました。

男性職員の話を聞いてみると、
彼はガルーダの職員さんで、成田行きのフライトがキャンセルされたこと、
出国審査まで戻り空港を出て用意されたバスに乗りホテルへ向かってください、と英語で説明していたのでありました。


聞いていた皆さんが出国審査へ戻り始めたので、その職員さんに不明な点を質問してみました。

翌日の(もう当日ですが)フライトの時間は決まってる?⇒いえ、まだです。
そのお知らせ方法は?⇒ホテルへ連絡します。
預けた荷物はピックアップできるの?⇒山のような荷物の中から自分の荷物を探すのは至難の業ですが、、、
確かに。しかももう深夜過ぎだし、眠いので諦めましょ。。

ということで成田行きの人たち、スッピン&パジャマに近い姿で出国審査まで戻りキャンセルの印をもらい空港出口へ向かうのでありました。。。
全てのお店が閉まり誰もいない深夜のデンパサール空港、静かですw


空港建物を出て、ずら~っと並ぶ大型バスを見て思う。
ガルーダさん、なるほど、、、
この準備をするためにフライト・キャンセルの連絡が遅れたわけですね。
ホテルの手配までしなくちゃいけないのだから時間がかかるわけです。




↓ IBIS デンパサールでの朝食はバッフェスタイル。
インドネシアだけあって、フルーツとブブルは美味しかったです♡
e0142189_16170747.jpg


そして滞在するホテルは乗車したバスごとで振り分けられ、私のバスが到着したのは IBISデンパサール。

深夜のためかフロントのスタッフは少人数。
チェックイン時に一人一人のパスポートをコピーするそうで^^;
スタッフの作業は遅いし深夜で皆眠いわけですが、
でも、日本人って、こういった状況だからこそ?ほんと静かで協力的なんです。


さて、部屋の割り振りはホテル側ではしてくれません。
更にガルーダの職員さんはいない。。。
いるのは成田行きの便に搭乗予定だった人たち、だけ。


こういう時って、まとめる人がいないと大変なんですよね。しかももう深夜1時半過ぎです。

幸いインドネシア語を話せる男性がまとめてくださることに。
ここにいる組数では部屋数が全く足りないことに気付き、部屋を割り振るため一人旅同士で何組か同部屋を願いされました。
そして無料で朝食を頂けること、一応集合時間は○時にしておくこと、
もしフライト時間が決まったら部屋に電話が来ること、など確認し合います。
私は、近くにいた一人旅初めてという20代女子と同部屋になることになりました。


お部屋に入って間もなく歯磨き用&飲料用の水が足りないことに気付き、フロントへ電話してみましたが、、、

不通なんですけどーーーー( ;∀;)

フライトの時間が決まったら電話が来るのでは???
電話が通じないと困るんですけど。


もう深夜2時近くでしたが、フロントへ行き電話の修理と追加のお水をお願いしました。
そして、お水を持ってきてくれたセキュリティの人と一緒に、なかなか終わらない電話の修理を見守ることに。

もう眠い。。電話は諦めた!
「もしフライト時刻が決まったらここに電話してね」と、セキュリティの方に現地携帯の番号を知らせたところで、
修理完了!!と修理人のおじさまがニッコリ。

真面目なセキュリティさんが現地携帯番号の書かれたメモを返してくださり、
あぁ、ここはちゃんとしているホテルなのねー、とボーっとした頭で思うのでありました。




↓ ホテルの敷地にいたガムラン隊。
私たちの、ではなく、別の方のためのようですw
e0142189_16172497.jpg


朝食後、お部屋でお片づけをしていると電話が。
フライト時間が決まったので○時にフロント集合してください、とのことでした。


用意されたバスに乗り空港へ到着。
そのまま出国審査へ向かいます。
深夜キャンセルされた出国スタンプ、その近くに再度出国スタンプが押されます。


搭乗ゲートやショップ、ラウンジのあるエリアに入るため、最終のセキュリティ・チェックを受けるんですけど、
ここで同部屋だったAさん、昨夜出発エリアのショップで購入していたサンバルなどが液体ということで没収されてしまいました^^;
Aさんの責任じゃないのにそれはないでしょう、と思ったものの、
以前ジャカルタの搭乗直前のセキュリティ・チェックで、すぐそこで買ったと抗議するも没収されていた男性の災難を思い出し、
あぁここはインドネシア、、、
慰めの言葉もない。。。



Aさんと出発までラウンジでスマホ充電したりランチしたりしよう、ということでラウンジへ行くと、
昨夜フライト・キャンセルでバスをご一緒した女性に会い、やっと帰れる喜びから皆で乾杯🍻
これもご縁ですw


更に搭乗口近くのトイレで並んでいると、
同じくフライト・キャンセルでホテルが一緒だった女子二人組の一人から、
「ホテルご一緒でしたよね?やっと帰れますね」と声を掛けられました。

フライト・キャンセル、これも旅の思い出でしょうかw
スッピン&パジャマに近い状態でのご縁は深いw



しかし、やっと帰れると思ったそのフライトまでディレイ、とアナウンスが流れたとたん、
搭乗ゲートで待っていた日本人たちから騒めきが。。。
日本人の堪忍袋の緒が切れないうちに帰国させてください、お願いです、バリの神様w



その時点で成田到着後、最終電車は終わっていて新宿などの都心行きのバスしか無いことが分かっていたので、
搭乗待ち中に成田付近のホテルを予約しました。
まだ帰れない、、、なんてことでしょw


ご一緒したAさんはといえば、退職後初の一人旅でバリへ。
当初の帰国予定日翌日にAさんの送別会が予定されていたそうなのですけど、このフライト・キャンセルで間に合わないことになり、
参加者の方たちに連絡するのが大変そうでした。
結局は夜遅くに成田に到着、二次会?会場の新宿までバスで向かうことになりました。
大きなスーツケース抱えて大変そうだったけど自分の送別会では行かないわけにはいきませんよねw



結局フライト・キャンセルの理由は飛行機に搭乗するまでは知らされず、
知らされたのは機内アナウンスで。

原因はジャカルタ空港での管制塔のストライキ、だったそうです。

その後、秋にはアグン山噴火による空港閉鎖のニュースが流れていましたから、
まだ私はマシだったのね、と今は思います。




↓ 成田泊後、自宅最寄駅行きのバスからパシャリ。
近いはずのバリ~日本間が遠い、帰るまで何日かかってるん^^;
e0142189_16184072.jpg


最後までありがとうございました。


実は先週更新予定でしたが、記事を書き終えたところで大事な電話がかかり、
下書き保存したつもりがされていない、という初心者のような間違いをしてしまい今になってしまいました。




さて、2月でブログを始めて10年。

予てからお伝えしていたように、理由あってこのブログの更新は今回で最後になります。




思えば10年前、チェックインバリのきんたさんのブログでバリの素晴らしさに気づかされ、
バリの旅を綴るブログを始めたのがきっかけでした。


今は亡き、きんたさんには感謝感謝です。



長い間、Happy Slow Life をありがとうございました。

mero




*もし新たなブログを始める際はバリ好きさんに気付いていただけるよう、工夫してみたいと思います*

*ここは閉鎖せず、ご自由に見ていただけるようにしますね*











[PR]

by slow-foxtrot | 2018-02-13 18:11 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(16)
2018年 01月 31日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ10日目 (お気に入りのスパで蕩ける @ディシニ・スパ) **
e0142189_16005078.jpg


ウブドのビスマエイトをチェックアウト、


ディシニ・スパの送迎車でスミニャックへ向かいます。





このスパが入っているディシニ・ヴィラとの出合いは10年程前でしょうか。


プライベートプール付きのヴィラ。

周辺には美味しいレストランや素敵なお店が立ち並び、
スミニャックのビーチへは徒歩で行ける距離なので、天気の良い夕方は雄大なサンセットで心温めることもできる。


当時オープン間もないディシニにはGMの清水さんが常駐されていて、滞在者のお世話をしてくださっていました。
日本語担当は勿論のこと滞在中の心配事は何でもご相談ください、とお声を掛けていただいた記憶があります。


その後ヴィラには何度か滞在。
特にスパは帰国日の昼から夜までの丸1日、ここで体を整えて帰国する、が私にはベストな流れのようでw

技術的なことは勿論のこと、
以前何度か滞在した経験やスパを数多く利用させていただいていることからくる安心感、親切なスタッフたち、
スパミールが美味しい、などなど。


他のスパのパッケージを利用させていただくこともありますし、
滞在していたお部屋を夕方まで使わせていただいたりもしますが、
今では、帰国日数あるスパの中から迷って困ったときはここ、と何となく決めています。




↓ ウブドから南下、暫し田んぼの中を駆け抜けます。
しかし、お天気悪いですねw
e0142189_16002132.jpg


↓ ディシニ・ヴィラに到着。
これはレセプションからスパへ向かう途中、カートの後ろからレセプション方面を見て。
e0142189_16024561.jpg

スパに到着(トップ画像)

ブティックなども兼ねているようです。


残念ながら事前にメールでやり取りをしていたスパ担当の大門さんがご不在でしたが、
勝手知ってるので全く心配なことはなく。




↓ ウエルカム・ドリンク
e0142189_16011244.jpg


↓ お一人様仕様のスパヴィラに通されます。
お一人様仕様でも素敵なシャンデリア。
e0142189_16034648.jpg


↓ 窓近くからパシャリ。
左には扉があり、中にはトイレ、シャワールームがあります。
e0142189_16043598.jpg


↓ 逆光で暗くなってしまいましたが、窓を見て。
二人用のお部屋より狭いためか少し寂しく感じてしまうので、お花があってもいいかなー
なんて、贅沢でしょうかねw
e0142189_16030246.jpg

ディシニ・スパの「オール・ユー・キャン・スパ」♡


私が受けたのは、
一部除外のトリートメントがありますが、8時間好きなトリートメントし放題で、南部のホテルだとピックアップ付き、
スパミールに空港送迎も付いているスパ好きにはたまらないコースです。

今回選んだのは、コンプリート・アユールベーダ、スカルプ&ヘアコンプリート、
デクレオール・エクスプレス・フェイシャルはマストメニューなので覚えていますが、

もうひとつ、何をお願いしたのかが、、、失念^^;

最高に気持ち良かったのは覚えてますがw


私にとってコンプリート・アユールベーダとスカルプ&ヘアコンプリートは最高の組み合わせ♡
スパって受ける方の好みによって感想はまちまち。
きっと私に合ったトリートメントなのだと思います。



但し、受け放題だからといって何も考えずめいいっぱいメニューを組んでしまうと、
飛行機の時間に間に合わない、きゃぁ~!
ということが考えられるので結構キケンなコースでもあります^^;
帰国日の場合は自分で責任を持って時間を計算しておきましょうw
大変なことになりますので。



↓ 夜のスパヴィラは眩いシャンデリアが主役♡
e0142189_16051610.jpg

窓が広い分、日が沈むと真っ暗に。

シャンデリアの明かりでスパルームの雰囲気が変わります。

私、この薄暗さが何か落ち着くんです。
リラックスできてホッとするような。
ここはスミニャックのど真ん中にありますが、
レセプションからかなり離れていてとても静かなのもポイント高いでしょうかね^^




↓ スパミール前のバスタイム♪
e0142189_16054071.jpg



↓ ちょっと休憩を。
e0142189_16063756.jpg


↓ お願いしていたスパミール。
e0142189_16014166.jpg

ここのスパミールでナシゴレンをお願いしたのは初めてかも。


いつものバリ旅ならばローカル食は結構食べているので、
帰国日にはもっと違うものを、と思うんですけどねw


今回はローカル食を避けていた旅ですから
ローカル食に飢えていたのかもしれませんが、メニューを見て即答!
ナシゴレンが食べたい!!

ここのナシゴレンなら旅行者向けの辛さなので、辛いもの厳禁な体でも心配は無用ですし。

ローカル向けの辛さを望む方にはパンチがなく物足りなく感じられると思いますが、味の奥行きがあって私は好き♡

美味しいんですw



最後、ヴィラオープン当時からのリピーターだからかな?
出る時にスタッフさんから手渡された物が。

大きな木彫りのにゃんこw
大事にしますね^^



それでは、空港へ向かいます。


本当はここで終わりの予定でしたが、

次回、おまけがあります。

バリの神様、何か私に言いたいらしいww






[PR]

by slow-foxtrot | 2018-01-31 19:53 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 27日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ10日目 (お部屋でまったり朝ごはん @ビスマ・エイト) **
e0142189_14491575.jpg


ウブド最後の朝ごはん♡


この旅最後になる筈、だったんですよねw


その事情は次の次の最終回で。




チェックアウトの日、


パッキングをちゃちゃっと終わらせてお部屋でゆっくり朝ごはん♡


あとは、深夜のフライトに備え予約済みのスパの送迎車を待つだけです。




↓ 何度か書きましたが、このお部屋は緑が生き生きとしてて気持ちがいい♪
e0142189_14470222.jpg


近くの木では鳥たちが囀り合っていたり、遠くでは競うように大きな声で鳴いている鳥も。


ジャングル感半端ない環境ですけど、乾期だったりホテルがちゃんとフォギングしていることもあり虫のストレスは全くありませんでした。


それよりも、朝には靄が漂う渓谷の幻想的な光景が広がっていたり、
夜露に濡れた緑や土の匂いが五感を目覚めさせてくれる。


今回はデトックスで始まった旅ではありますが、エナジーチャージして終わる!

旅の最初から体調が悪く期待通りの旅ではありませんでしたが、終わり良ければいいんですw



最高の癒し♡単純ですけどねw




↓ 電話でオーダーした朝ごはんがこちら。
ここのカプチーノアートは毎回違ってて可愛いw
e0142189_14480817.jpg


前回ルームサービスした時には、メニューに付け合わせ類が無かったのでお願いしませんでしたが、


今回も同様にメインとドリンクだけお願いしたら、
電話に出たスタッフさんが「それだけ?付け合わせは?」と聞いてきたのでした。


なるほど、ルームサービス用のメニューには無いけど付け合わせもお願いできるのねw



ビスマエイト最後の朝ごはんはエッグベネディクト♡




↓ 半熟の卵がトロ~ッとしていて当たり前のように美味しい。
e0142189_14483075.jpg


さぁ、パッキング済ませてチェックアウトしましょう!!




次は、スミニャックのヴィラで夜までスパづけです。




[PR]

by slow-foxtrot | 2018-01-27 15:42 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 25日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ9日目 (ビスマ通りの居心地) **
e0142189_12223678.jpg


久々のビンタン画像♡


辛口で後味すっきり♪
飲みやすいので、暑くてのどが渇いているといくらでも飲めてしまう危険な存在です。

同じ理由で沖縄のオリオン・ビールも危険度は同じですかねw




さて、2017年6,7月のバリ・レポ、もうすぐ終わりです。


今回は何と言っても体調最悪でスタートしていて、

最初のホテルでダウン、二つ目のアメッドでもダウン、、、


帰れなくなると困る!という恐怖感から、
アメッドではお医者さんに往診していただいて薬を服用しつつ、
食事は辛くて塩分が多く脂っこいローカル食は極力控えて食べ過ぎ厳禁、、
なんて日々を送っていたんですけど、そうすると自然とアルコールが飲みたくならないんですよね。
あぁ不思議ww

結局は、飲みやすいビールを片手で数えられる回数しか飲んでいないんですw

貴重なビンタン・タイム♡美味しくない筈はない!!



さて、9日目の午後になり、

ホテルがあるビスマ通りをブラブラしてみることにしました。


何しろ、今までにスパや梟を描くシーラさんのアトリエに行ったことはありましたが、

ビスマ通りのホテルに滞在するのは初めてですしね。



↓ この街スパで、ネイルとショルダー&ヘッドマッサージをお願いしました。
e0142189_12183810.jpg


この街スパはビスマ通り入って右手にあります。


街スパで料金激安なのであまり期待していなかったんですけど、結構ちゃんとしているんです。

丁寧ですし普段使いだったら十分に満足なレベル。
ネイル中にお願いしたマッサージも、ショルダー&ヘッドだけですけど力強く終わる頃にはスッキリ♪

私の肩こりは凄いレベルなので、こういうスパは貴重です。


そういえば、今回滞在したビスマ・エイトにはスパが無かったんですよね。
その点残念でした。



ビスマ通りというと、以前は田んぼが多くお店は何もない~というイメージだったのですが、

数多くはありませんけど、レストランやスパ、レンタル・バイクや観光業、コンビニ、シーラさんのアトリエがあり、

これだけあれば十分でしょう、といった印象。

その代わり、昔あったウブドのシンボル、田んぼが急激に減っています。


今ウブド中心地は無いものは無いほどお店が並んでいますが、そもそもウブドですからそんなん求めて来ていないんですけどねw




↓ さて、先日ランチしたブラックパールでランチをブンクスします。
e0142189_12211662.jpg


↓ こんな席もあります。
e0142189_12195846.jpg


↓ ブンクスなので詰め込んだ感ありますけど十分満足なサンドイッチ。ポテト山盛りですw
e0142189_12215497.jpg


バリ到着直後、体調悪くて滞在先のタンジュンサリのスタッフさんに、
夕食食べられないので夜中お腹空いた時のために夜のメニューには無いサンドイッチをお願いしておいたんです。
でも、さすが欧米人滞在者が多いタンジュンサリ。
美味しいんですけどすっごいボリュームだったんですよね。
既に具合が悪すぎて地獄にいるような有様だったので結局は食べられず、
残すのは申し訳なくて頑張って一口だけ頂きましたが、、
あぁ勿体ない。。

折角特別メニューで作ってくれたのに残してしまって悪いことをしてしまいました。。。
そんなことが頭を過り、歩けるときは外でブンクス(テイクアウト)が量的には丁度いい。
それか出歩けない時は、ホテルにお願いしてハーフポーションでお願いすると良いのかもしれません。





◆ そして夜ご飯 ◆



↓ 具合悪いといいつつ、食べてばかりな回なのが私らしいのですが、、、
これは夜出歩けずお願いしたルームサービスです。
e0142189_12241760.jpg

ホテルの菜園で採れた新鮮なお野菜いっぱいのサラダに、恐らくこれはリゾットかな?
上の小さなBOXのクッキーは、ターンダウン時に置かれるお菓子です。





◆ 戻りますが、8日目夜のSPICEでの再会 ◆



↓ 久々に再会のSちゃんとSPICEにて。
e0142189_17105037.jpg

SPICEはモザイクのオーナーシェッフが手掛けるビストロ。

ビスマ通りから行くと、ラヤウブド通りを右に曲がってすぐ右手にあります。




↓ 乾杯🍻
e0142189_17132850.jpg

人生、良いことも、悪いこともある。
色々です。

バリで出会ったSちゃんです。
バリならではのあるある話で話はつきませんが、
結果良いお話しで終わって良かったw



↓ 肝心のSPICEのお料理は?
e0142189_17124715.jpg

ステーキやら色々頂いたんですけど、
話に夢中でこれしか残っていませんでしたw

美味しいけど私にはちょっと味が濃いめかな。好みでしょうかね。


とても便利な場所ですしお洒落な空間なので、
食事後にカクテルとデザートだけの利用もアリかな、と思いました。



次は10日目最後の朝になる筈だった、へ参りますw




[PR]

by slow-foxtrot | 2018-01-25 15:34 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 11日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ9日目 (カラフル朝ごはん~プールでナップタイム @ビスマ・エイト) **
e0142189_21590857.jpg


遅くなりましたが、明けましておめでごうございます!



お正月休みは元日のみ。

元日はお雑煮にお節を楽しみつつゆっくり過ごす派なmeroであります。
毎年のことなので慣れてはいますが、お出かけできるお正月もいいなーなんて思ってしまう今日この頃。
でも、以前初詣に出かけてインフルエンザにかかってしまった同僚さんがいて、
インフルをうつされた経験があるので人混みは避けた方がよさそうかな。
正月早々倒れるのはもう嫌ですし^^;


結局今年はお墓参りを思いつき、

全身ウインドブレーカーに身を包みお墓のお掃除をしていると、

「mero(私の名)ちゃーん」

背後で私の名を呼ぶ声が。


振り向くと、なんと滅多に会わない伯母の顔が。
確か今朝届いた伯母の年賀状には転倒して大変なことになっていた、とあったはず。
でもやっと歩いている感じでしたが何とかお元気な様子。
15分ずれていたら会わなかったであろうこの偶然。
やっぱり身内は大事にしなくちゃいけませんね。
きっと天国にいる伯父か祖父母が会わせてくれたに違いありません。
生前よく伯父が言っていたものです。
時々皆で集まるように、って。
病気の伯母+いとこ家族×2の総勢7人。
お正月早々、嬉しいひととき♪
近々再会を約束し別れたのでありました。



さて、今回はビスマ・エイトでの朝ごはんのお話しでした。



朝からカラフルな朝ごはん♡

滅多にワッフルなど頂かない私ですが、
この日は粉ものの口だったのか、ワッフルしか考えられずw

サーブされたのは、とってもお洒落なワッフル♪


いくつか付け合わせをお願いしたのですが、1品の量が欧米人向けで多く完食は無理ー^^;
それぞれこの半分の量で十分と思うのは私だけ?
届いてから後悔しても遅いのでした。。
ちょっと頼み過ぎてしまったようです。



↓ お腹がいっぱいになり過ぎたところで、ホテル内をお散歩しつつプールでゆっくりすることに。
e0142189_21575151.jpg


やっぱりプールに入りたかったなー

楽しそうに遊んでいる家族連れを横目に、日頃読もうと思っていた本を枕に眠るのでありました。。

どれだけ疲れてるんでしょうかねーw




さて、月日の経つのは早いもの。

なんと、2月でこのブログを始めて10年経ちます。

一昨年フェイスブックを止めた理由はお仕事関係の人間不信から。
何度か消えてなくなりたいと思ってしまったほど大きな事件があって、
それ以降は人が発する言葉や容姿、肩書だけの物差しで人ははかれない、
人の真の中身を知りたいと思うようになりました。
人から言葉や容姿や肩書を差し引いて残ったもの、その残りが真実の姿のような気が。
真実はその人の行動にあるんですよね。


暗澹とした日々が続いていた時、

大河ドラマ「おんな城主直虎」に助けられました。

たかがドラマですが、されどドラマですw


主人公直虎の愛する人達が次から次へとお家や子の為に、と言って死んでゆくんですよね。
それが本懐と言いながら。
もう衝撃的なほどでした。

このドラマは登場人物それぞれの思いを丁寧に描き、また囲碁を使って先々のことを視聴者にまで考えさせる。
視聴者を巻き込んで直虎と一緒に成長させていく脚本って凄くないですか?
だから一つ一つの言葉が胸に刺さるんです。
残念ながら総集編では結構カットされてしまっているんですけどね。

一度家を潰しながらも命脈を保ってきた井伊家。
家を潰す不幸を無くす世にしたい。
戦が無い世の中にするには戦の嫌いなお方に天下を取らせるしかない。
それが万千代を使っての直虎の戦いなんですね。

妻でも母でもない直虎が、自分の命の使い途を考えて奔走する様には本当に勇気付けられました。

最終回、和尚さまに井伊の魂は何かと問われ見事に答える万千代。
直虎の思いが受け継がれた瞬間でした。

語り出すと止まらなくなりそうなのですが、

とにかく、主人公直虎の物事の考え方に衝撃を受け、励まされたのは事実です。




最後に、ちょっと寂しいことではありますが、
知っていてほしくない方にこのブログの存在を知られていることもあり、
またまた色々影響するのも嫌なので、
このレポ終了後10年を節目にひっそりと別のブログを始めるか止めるか、暫く考えようかと思います。
またその時には何かの方法でお知らせ致しますね。


mero



[PR]

by slow-foxtrot | 2018-01-11 23:54 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(6)
2017年 12月 27日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ8日目 (プール・パビリオンでアフタヌーンティ@ビスマ・エイト) **
e0142189_11124612.jpg

トレッキングから戻り、


ランチを抜いて楽しみにしていたアフタヌーンティのことを♡




ランチ抜きは帰国間近で体調を整えるためだったのですけど、

折角バリに来てローカルご飯が全く食べられないのは個人的にかなりテンションが下がります⤵


近頃食の選択肢が増えたウブドですが、

それゆえに、近頃はウブドでなくても、いえバリでなくてもいいのでは?と思ってしまったことは事実。


でも、やっぱりバリにしか無い独特な雰囲気や芸能、食含め様々な文化だとか、

熱帯の土や緑、花やフルーツが混じり合った強烈な匂いに惹き付けられ、

忘れた頃に戻りたくなる。



もしかしたら、これもバリあるあるでしょうかww

とにかくこの時は体調最悪な我慢の旅、素敵なアフタヌーンティで楽しみましょー




↓ ホテルに戻ってベネフィットのアフタヌーンティを頂きます♡
e0142189_11093639.jpg




↓ プールサイドのパビリオンで頂くことに。
e0142189_11112466.jpg


ここで、ホテル前でマンゴーの実を採っていたスタッフさんから頂いたマンゴーをカットしてもらいましたが、

やっぱりスタッフさんが言う通り、まだ堅くてサラダにするのがベストかとw




↓ 眺めの良い奥の席で。
e0142189_11115232.jpg



↓ 思った通り、おやつには多すぎる量。ランチ抜きが正解でした。
e0142189_11121747.jpg


さて、今年もあと数日ですね。


これからお仕事でバタバタなので、とりあえず今年最後の更新になるかもしれません。


実はこの時の旅は帰国日まで色々あって予定通りに帰国出来ず大変な思いをしたのですけど、

秋にアグン山の噴火が起こって空港閉鎖されたことと比べれば、まだ何てことなかったことかも、と今は思います。


早くアグン山が落ち着いてくれますように。


気の長い方向きのブログですが、今後も宜しくお願いします。



*上記は全て2017年7月時点のものです。


[PR]

by slow-foxtrot | 2017-12-27 12:07 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 20日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ8日目 (気軽にトレッキング@ウブド) **
e0142189_17012093.jpg

久々の更新です。


ウブドでのトレッキングは楽しみの一つ。



田んぼを満喫するコースが多いので、

多少体力に自信が無くても気軽にトライできるのが良い♡



今回は、ラヤ・ウブド通り沿いプリ・ルキサン美術館の脇にある小道から北上、
ぐる~っと畦道を回ってカジェン通りに出るかなり楽ちんなコースです。




↓ プリ・ルキサン美術館脇の小道を入って奥を見たところ。
e0142189_16463071.jpg

この坂を上っていきます。



↓ ↑の画像の辺りから、振り返って小道の入口、ラヤ・ウブド方面を見て。
e0142189_16470140.jpg


↓ 奥へ進んでいくと壊れた建物が。
e0142189_16483456.jpg

片側が崖になっているので、ちょっと、いえ、結構怖いです。


この辺りで欧米人家族とすれ違いました。
私が草むらに避け、先に通ってもらいましたが
人ひとりがやっと歩ける道幅、且つ片側崖なので、
小さい子供たち、顔が強張っていましたねww

両親がフォローしていましたが、この道は小さい子はちょっと怖いかもしれません。




↓ 坂を上りきった場所にある看板。
e0142189_16490829.jpg


この看板にある Sweet Orange Warung で休憩する予定です。




↓ 坂を上りきって道なりに行くと、長閑な田んぼの風景が広がっています。
e0142189_16494420.jpg


しかし、、、


この時期(2017年7月上旬)、
アメッドからウブドへ向かう途中に見かけた田んぼや
ホテルがあるビスマ通りの田んぼは、
全て刈上げ後でした。。。

なのでこのトレッキングも覚悟はしていましたが、
やはり、見事なマルガリータっぷり、ですww




↓ 途中すれ違ったカップルを先導するワンコ♡
e0142189_16501548.jpg

水路をジャーンプ!!

勝手知った道のよう。
ご主人様のご用命なのかな?




↓ お天気は最悪でしたが、上を見ると椰子の木。
e0142189_16400245.jpg


バリだなぁ。

近頃アグン山噴火で大変なバリですが、
影響が無いエリアは今もこんな長閑なのでしょうね。




↓ 寄り道スポットの Sweet Orange Warung
e0142189_16511328.jpg



↓ ワイルドだけど評判の良いワルンです。
e0142189_16504846.jpg



↓ ちょこっと休憩します。
e0142189_16514000.jpg

メニューにはアヤム・サンバルマタやナシチャンプル、
チキンカレー、ソト・アヤム、サンドイッチなど色々。

アヤム・サンバルマタが大好きなので、
次来ることがあったら食べてみたいな~♡
今回はジュースだけで。




↓ お天気がもっと悪くなってきたので先を急ぎます。
e0142189_16402601.jpg



↓ そして、このおじさんに声を掛けられました。
e0142189_16421129.jpg

風景写真を撮っていると、

私に「フォトーフォトー」と叫ぶおじさんが一人。


なのでパシャっと撮ると、
お金よこせーと。。。


なるほど、ミンタおじさん、なのでありました^^;

またの名を100円おじさんとも言うそう。

勿論払いませんでしたが、気を付けましょww




↓ 気を取り直して先に進みます。
e0142189_16562983.jpg


言葉で表現しにくいんですけど、

この辺りの雰囲気、空気感がとっても良かったんですよねー

両サイドに水路があって、水音を感じながらゆっくり歩く。
癒されますねー!


つくづく、これでお天気が良ければ最高なのですが。



↓ お供え。
e0142189_16552765.jpg



↓ この手前で右に行ける道があるので道なりに。
e0142189_16573845.jpg




↓ すると開けた場所が。
e0142189_16581161.jpg

田んぼが青々としている時期は最高に気持ちが良いでしょうね~




↓ 凧あげ中の男の子発見。
e0142189_16440477.jpg


↓ ずんずん進んでいくとこの道に出ます。
この画像、右に行くとカジェン通りからラヤ・ウブドへ出られます。
画像中左の女性が向かっている左へ進むと、更にトレッキングが続けられます。
e0142189_16584274.jpg



↓ 分岐点から振り返って。
左の小道から出て来ました。
e0142189_16591431.jpg



↓ 凧を持って走りゆくお兄さんたち。
e0142189_16594686.jpg



↓ のどか、ですw
e0142189_17003714.jpg


この辺からポツリ、ポツリ。

そして、急激にスコール( ;∀;)!!


↓ 走ってカジェン通りに向かう途中、
この男の子に助けられました‼
e0142189_16444083.jpg

というか、

私が声掛けたんですけどねw


後ろからバイクでやって来たこの子に、

ラヤウブド通りまで乗せてってー

と叫んだら乗せてくれましたw

親切な子でしたね。



さて、今日の更新はここまで。


すいません(>_<)

スマホで下書きしてたら間違ってポストしてしまいました。。。


↓の文章はまた後日追記しておきますね。




↓ 以下、追記です。
ラヤウブドに出てウブド王宮に行ってみました。
e0142189_16452444.jpg


修復中の職人さんたち。

あまり見かけない光景に、

観光客が興味津々w


邪魔しないように写真を撮っていましたね。


e0142189_17015710.jpg


お腹が空いてきたので、
新しいカフェでランチと思いましたが、

今日はこれからホテルのアフタヌーンティー頂こうと楽しみにしていたのでランチはスキップ。



↓ ブラットワンギの石鹸を購入するためにカキアンへ。
e0142189_17023126.jpg


↓ 美味しそうだけど我慢してw
e0142189_16455090.jpg

やっぱり健康体じゃないと旅は楽しめないw


残念だけど諸々断念してホテルカーにピックアップしてもらいます。



次はホテルのアフタヌーンティーです。

しかし、スマホでの更新は時間かかって大変w



[PR]

by slow-foxtrot | 2017-12-20 09:30 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 14日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ8日目 (コッパーで朝食 @ビスマ・エイト) **
e0142189_14012070.jpg



今日はジャランジャランの日。

渡バリ前は一日かけてのトレッキング・コースを、と思っていたのですが、


今となっては、安全・安心・無理せずとにかく無事に帰国する、が目標でしたから、

とにかくお散歩のような簡単なトレッキング・コースを行くことにしたのでした。



その前に、


まずは、ホテルのレストランで朝ごはん♡


ビスマエイト、ホテルのルーフトップに位置する Copper Kitchen&Bar

天気の良い日には外の日除けがある席でも食事ができて、
緑いっぱい、生憎なお天気でしたが明るいレストランです。




↓ コの字型ルーフトップ、アウトサイドの部分から奥のレストランを見て。
e0142189_11132029.jpg


↓ 雨が降り出しそうなお天気、室内の席を選びました。
e0142189_14005891.jpg


↓ 窓が全面開放されていて外気が感じられます♪
e0142189_14014497.jpg


↓ 目の前は緑がいっぱい^^
e0142189_10320893.jpg



ジュース以外はオーダー制です。

今日のメインは卵料理からホワイトエッグ・オムレツにしてもらいました。

これはかなり巨大かな^^;
オムレツの下の更に巨大なサワードウ、これを頂くと、ペイストリーは無理でしょうねw


サイド料理から、トマト&フェタ、サーモン、マッシュルーム、ポテトロスティを。

サイドのメニューからは数が限定されていないので選び放題みたいですけど、

画像では分かりにくいのですが結構ボリュームがあるので、品数を少なくするか量を調整してもらわないと、、、
これでは食べきれませんねーw


朝食メニューは、

まずは好みのジュース、コーヒー、紅茶、フルーツ、ペイストリー、ピサンゴレン、シリアルから好きなものを。

下のメインから1つずつ。
(メイン1⇒グラノーラ・フルーツ、ワッフル、エッグ・ベネディクト、ナシ・ジンゴ、ナシ・ゴレン)
(メイン2⇒好みの卵料理、アヴォガド・フェタ・ポーチドエッグ、バナナ・パンケーキ、オープン・デニッシュ・サンド、ブブル)

サイドメニューはトマト&フェタ、ベーコン、緑野菜のソテー、ソーセージ、サーモン、マッシュルーム、ベイクドビーンズ、ポテトロスティから好きなものを。

*今日時点のメニューを書きましたが、滞在した7月と大きい変化は無さそうです。



↓ お腹がいっぱいすぎて、ルーフトップを少しお散歩。
これはルーフトップの菜園です。
このレストランでは、クッキングクラスとかカクテルクラスが用意されているようです。

e0142189_11094784.jpg

とにかく広いルーフトップ。

今回参加はしませんでしたが、こちらでヨガクラスも行われていました。




↓ ルーフトップの端から別棟のプールを見て。
このプールもルーフトップ。
敷地の傾斜と空間を最大限利用したホテルです。
e0142189_11064371.jpg



さぁ、次は楽しみにしていたトレッキングです。



[PR]

by slow-foxtrot | 2017-11-14 12:10 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 06日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ7日目 (プールでお昼寝 ~ Warung Citta Ovest ~ バリ舞踊) **
e0142189_12131257.jpg



ランチを終え、ホテルのプールサイドでナップ・タイム♡

ここのプールはルーフトップ、この右側はジャングルなので眺め抜群です。



この時期、時にスコールがあって天候が安定しなかったんですけど、

視界いっぱいに雲が流れていく様子や、
雲の合間から青い空が見えてきたりすると気分は晴れやか♡


少し前まで体調悪くて死にそうだった人とは思えないほどに幸福感味わってますw




↓ デイベッドの天蓋は雨が降ると雨漏りするので、
晴れるとデイベッドで、雨降るとパラソルの下に避難避難ww
e0142189_11430552.jpg

ここは寒い日でも入れる貴重な温水プール。
といっても熱いわけではなく、温い感じで遊ぶには丁度良さそう♪


でもでも、
はい、バリ入りするまでは勿論入るつもりでいましたが、
バリ入り直後の死ぬような思いを体験した後では、、、
いつまた体調が悪くなるか分からない状態で、しかもウブドの後は帰国ですから、
ここで無理して帰国出来なかった~ではシャレにならないので、
帰国するまでは安静に、そして諸々自重して癒しに徹することにしたのでした。。。

浸からない~入らない~観るもの~と呪文を繰り返すように言い聞かせます。


タオルはプール横のパビリオンに。
そこでドリンクやランチもオーダーできます。
パビリオンではアフタヌーンティを頂いていますのでそちらは後日。




↓ 柔らかな日差しが入り居心地抜群♪
このデイベッドでのナップ・タイムが最高に気持ちいいんです~♡
e0142189_11420031.jpg

お昼寝最高!!




◆ Warung Citta Ovest ◆


e0142189_12150584.jpg

以前から好きだったフィオレチッタ。

デウィシタに引っ越してチッタ・オヴェストになってからも通っています。



この日の夜はバリ舞踊鑑賞と決めていたので、

早めに夕食済ませようと2年ぶりに来店。


お店が狭くなってしまったので大人数向きではないけれど、少人数か一人でふら~っと入るには最高のお店なのですよね。


サラダにワインをオーダーして、

本当は砂肝などいっときたかったけど、塩分や脂肪分自粛しなくちゃいけないので我慢我慢^^。




↓ ちょっと納得いかなかったパスタがこちら。
何度かオーダーしたことのあるお馴染みのメニューなのですが、、、
e0142189_12154242.jpg

確かにこの日はメチャクチャ混んでいました^^;

次から次へと人が入り満席なのに店員さん一人、そして恐らくキッチンに一人だと思う。。。
絶対に足りんでしょ??


具材は恐らく以前と変わらないのですが、ただただ脂っこくて、味付けが、、、何かが足りない感満載。
キッチンがてんてこ舞いしてたせい、と思いたい^^;

このお店は日本人の味覚に合う貴重なお店だったはず。
諦めず、また来ます。
なので、次回は是非とも元の味に戻っていてほしい~と心から思ったのでした。




◆ Bina Remaja ◆

e0142189_12205590.jpg

そして、久々のバリ舞踊。

火曜日なのでウブド王宮でビナ・ルマジャのレゴン&ラーマヤナ・バレーを鑑賞しました。


ラーマヤナ物語の一部をもとにしているので、
展開が早くダンスに興味の無い方でも飽きずに観ていられますね。


久々のバリ舞踊。
やっぱりバリ初心に戻るとしたらこれでしょw

満足な1日でありました♡



次はレストランでの朝食です。



[PR]

by slow-foxtrot | 2017-11-06 13:54 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 03日
** デトックス&エナジーチャージの旅 2017 バリ7日目 (ジャングルの中で朝ごはん ~ Botanica Day Spa ~ Black Pearlでランチ) **
e0142189_11471248.jpg



ウブド滞在初めての朝。


ベッドから抜け出し、まずはバルコニーで深呼吸ーーーーー



近くの木から鳥の鳴き声が聞こえてきます。

しかも、かなりの声量ww



こちらはウブドの中心部から近い場所なのにとても静か。

夜はぐっすり休めました。

そして、ラッキーなことにフォレストスイートにUGされたことで目の前がジャングルなので緑も多い🌳🌳🌳


緑の息吹に包まれて体が喜んでるみたいw


やっぱりバリに、そしてウブドに来て良かった!


癒し旅には最高です♡




↓ 初日の朝ご飯はバルコニーで♪
e0142189_11380624.jpg


こちらでは、朝食はレストランかお部屋で頂きます。

鳥の囀りをBGMに、朝ごはん♡



↓ 緑に包まれるだけなお部屋だと、午前中はどうしても西向きのお部屋の場合暗くなりがちだけど、
#323は少し視界が開けてるので、遠くの景色も望めて暗くはなくバランス良いお部屋でした。
e0142189_11460470.jpg




↓ 乾期でしたし、フォギングちゃんとしてるせいか?滞在中虫一匹見ませんでした。

e0142189_11464266.jpg


ホテルのレストラン Copper Kitchen&Bar から運ばれてきます。

ルームサービスの場合、メニューが限定されサイドも載っていませんでしたが、
別の日にルームサービスをお願いした際に、サイドメニューを聞かれてオーダーできたので、
レストランで頂けるサイドメニューはそのままルームサービスでもオーダーできるようです。

連泊される方はまずはレストランでどんなメニューがあるか確認しておくと良いかもですね。



トップ画像の朝ごはん。


サワードウという酸味の効いたパンの上に、
アヴォガドやハーブ、フェタチーズ、ポーチドエッグを乗せたもの。
お気に入りでした♡

近くにホテルの菜園があるそうで、ここでは野菜が美味しかったなー^^

ウブドにある Folk Cafe 、Folk Pool & Gardensは同系だそうです。

レストランでの朝食については後日。




◆  Botanica Day Spa  ◆

e0142189_11474583.jpg



久々にボタニカ・デイ・スパへ。

ピックアップもネット予約時にお願いしておきました。



↓ いつもいるワンコもいましたがもう歳のせいか元気なかったな~

e0142189_11405972.jpg




↓ 呼ぶと喜んで来ました!
e0142189_11403165.jpg


歳取ると体が思うように動かなくなるし、
そうすると皆かまってくれなくなるんだよねー可哀想に。。




↓ しばらくヾ(・ω・*)ナデナデしていたら嬉しそうでした^^
かなりポッチャリしたかな??
e0142189_11395620.jpg


メニューは、お気に入りのアユールベ―ディック・チャクラダーラとクリームバスのセット。

予約時に聞いたところ、いつもリクエストしていたライラが今は短い時間のメニューしか出来ないそうで、
今回はご年配のおばちゃまが担当でした。





◆ Black Pearl ◆

e0142189_11484712.jpg


ビスマ通りの入口で車を降ろしてもらい、
お散歩しながら帰ることに。


途中ブラック・パールというレストランでランチを頂きました。
パイレーツ・オブ・カリビアンの船、ブラックパール号から名づけられたようで、
店内は海賊をイメージした品々が飾られています。


以前この辺りは田んぼが多かったのですよね。
今もその名残はありますが、どんどん田んぼが潰され建物が建てられ、、、
この分だと二年後には見る影もなさそう。。。
ビスマ通りの風景は、後日トレッキングのUPの時にでも。



↓ 頂いたのはこちら。
味付けは甘酸っぱい酢豚風で、お野菜とエビが山盛りになっています。

e0142189_11532321.jpg


ドリンクの入れ物がドクロ💀なのがブラックパールらしくw

味が濃い目でしたが、なかなか美味しいランチでした!


メニューの幅も広く、テイクアウトもできる。
そしてホテルからも近いので滞在中使えそうなお店でした。



プールでまったり、昼~夕方、夜へ続く。




[PR]

by slow-foxtrot | 2017-11-03 14:20 | ** 2017 BALI ** | Trackback | Comments(2)