タグ:Hotel*Other Area ( 32 ) タグの人気記事

2014年 09月 16日
** ジョグジャの自然に包まれて(後編) @Amanjiwo October 12-15, 2012 **
e0142189_13174592.jpg

2012年10月のアマンジヲ滞在について。


前編に続き、後編に参ります。
(前編の記事はこちらで)



複数あるアマン・グループのホテルから、ジョグジャカルタのアマンジヲを選んだ理由。


ジョグジャカルタで本場のバティックを見てみたい、という理由もありましたが、
やはり最大の理由は、アマンジヲから程近い場所にあるボロブドゥール寺院。
天候条件が合えば、その最上部からは素晴らしい日の出を拝むことができるのです。


この周辺では時にムラピ山の火山噴火の影響が出ることもあり、
まずは行ける時に行っておこうという思いもありました。
結局 天候が悪く絵に描いたような光景に出合うことはできませんでしたが、
これでいつか再訪する理由ができましたねww




さて、後編ではアマンジヲで過ごした記憶を辿ります。



アマンジヲでの滞在スタイルは様々。


ユネスコの世界遺産であるボロブドゥール寺院遺跡群や
プランバナン寺院遺跡群のガイド付きプライベートツアー、
他にもジョグジャの自然を楽しみながらピクニックをするプライベートツアー等
豊富に用意されていた記憶があります。


アクティブに過ごしたい方、自然の息吹に触れたい方、とにかくホテル内でゆっくりしたい方、
その方次第で滞在スタイルは色々です。



ジョグジャカルタ関係の投稿済みの記事はこちらのカテゴリーからご覧ください。



↓お部屋の庭にあるバレでお茶を楽しみます。
e0142189_11485598.jpg

お部屋にあったクッキーと一緒に。

e0142189_1538466.jpg

クッションに使われているバティックのセンスも良いですし、
何より居心地が良いので、こちらでは最後の朝食も頂きました。


↓同じくバレでランチを。
e0142189_164416.jpg



↓今回の滞在プランで頂いたベネフィットのマッサージ。
e0142189_15364267.jpg

マッサージ台持参でやって来られたセラピストさん、イブの方は結構なご年齢と思いますが逞しいです。
このマッサージ台に置かれたバティック、素敵ですー♡


↓ホテルのプールでゆっくりします。
e0142189_132639.jpg

大きいのでガシガシ泳ぎたい方にピッタリです。


↓アマンジヲ到着後に頂いたディナーです。
e0142189_12221618.jpg

Makan Malam というジャワ料理のコースです。

メインは牛の煮込み、お魚料理、チキン料理、ラワール、テンペ料理など6種類で、
夫々違う器に入れられテーブルに届けられます。
バリでいうリスタフェルといった感じでしょうか?
結構な量で驚きましたが、ちゃんと一つのお皿にご飯と共に取り分けてくださいます。
他にスープとデザート(ブブール・インジンとフルーツ等)がサーブされ、
おつまみのクルップとサンバルも付きます。

どれを頂いても美味しかった記憶しかありません。
正直ジヲ滞在中に頂いた中で一番美味しかったような気がしますww
日本人の口にも合うように工夫されているのでしょうか。


↓こちらは、毎晩お部屋に届くギフト。
e0142189_12151690.jpg

3泊しましたので残りの一つの画像が無いのですが、恐らくペーパーナイフだったような記憶があります。


↓別の日に頂いたロマンティック・ディナー(2人分)のお料理です。
e0142189_1391342.jpg

Dalem Jiwo Suite の野外リビングで、生ガムラン演奏付き。
ロマンティック・ディナーが頂ける場所は、他にプールサイドなどがあるそうです。

料理はどれもこれも綺麗♡
画像では分かりにくいのですが、日本人にはちょっと量が多すぎでしょうか。
この半分でも十分かとw


↓滞在中、ジヲの車を出していただき外出しました。
e0142189_9531727.jpg

まず最初に向かったのは Studio Mundut。
こちらではバティックのお買い物を。

そして、お世話になっているバリ現地旅行代理店 BSBのKaoriさんのご友人、Yさん宅を訪問。
事前にタイチョがアポを取ってくださっていました。

この日の最後は、
Yさんとご主人様からお誘いを受け、パーティーに飛び入り参加。
中部ジャワの観光産業振興のための決起集会的なパーティーといったところでしょうかw
ステージ背後には中部ジャワの観光の目玉、ボロブドゥール寺院がライトアップされていました。


↓最後は、プランバナン寺院へ。
e0142189_1611953.jpg

チェックアウト後、飛行機の待ち時間までプランバナン寺院の見学をします。


入口はまるで駅の改札ですね^^;
目の前の遺跡と違いすぎる光景にちょっと驚きましたw


ヒンドゥー教の遺跡としてはインドネシア最大級のプランバナン寺院群。
1991年ユネスコ世界遺産に登録されました。
(プランバナン寺院の歴史などについてはこちらのサイトに詳しく紹介されています)


地震や噴火などで破壊された歴史を持つプランバナン。
インドネシア政府からの要請を受け、2007年 日本から文化財の修復機材を購入するための
資金供与が行われていたそうです。


遺跡の崩れ落ちた跡を見る限り、まだまだ修復は終わっていないようですし、
見学可能な遺跡でも、一部の遺跡はヘルメットを被るように義務づけられていました。
修復が続きいつかは最盛期の姿を取り戻すのでしょう。
その時はまた見学してみたいものです。

e0142189_1621944.jpg


さて、ジョグジャカルタのアマンジヲの後は、
出張から戻りましたらバリのアマンに参ります。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-09-16 22:45 | Indonesia | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 15日
** ジョグジャの自然に包まれて(前編) @Amanjiwo October 12-15, 2012 **
e0142189_14444477.jpg

今日はアマンジヲのことを。


長くなりますので2回に分けて投稿して参ります。



ジャワ島中部、ジョグジャカルタの空港から車で約1時間、
ユネスコの文化遺産、ボロブドゥール寺院を見下ろす場所にホテルはあります。
(*混雑時はもっと時間がかかります)



滞在したのは2012年10月。

この優雅なホテルに滞在することができたのはタイチョがご一緒してくれたから。
勢いからアマンの3つのホテルに滞在することになったのですが、
やはり身の丈に合わないホテル、ちょっと心配な部分もありました。

でもスタッフさんのさりげない気遣いや、時を忘れそうな程のゆったりとした空気感。
心からリラックスした素晴らしい滞在となりました。


ですが、何せ滞在から2年の月日が経ち、記憶が曖昧になっています。
今回は画像多めで、はっきり覚えていることだけ書いて参りますね。





さて、ジョグジャカルタ空港へ到着したところから。



飛行機から降り空港建物へ向かうと、既にアマンジヲのスタッフさんがいらっしゃいました。

スタッフさんにエスコートされ入ったのは空港ラウンジ。
飲み物を頂いていると、その間にバゲージをピックアップしてくださっていました。
贅沢なことですねww



そして夜の帳が下りる頃、アマンジヲに到着しました。

ウエルカムドリンクを頂きながら、
滞在中のプランについて相談します。


↓チェックインはお部屋で。
e0142189_1135055.jpg

到着直後のお部屋(#26)です。

ツインをリクエストしていたのですが、
ご覧のように(トップ画像)大きなベッドの上がまるで日本風のお座敷のようでw
お互いのマットレスに座りながらオシャベリできたのがとても印象深かったですね。

ベッドの奥には左右に一つずつクローゼットや引き出し、シンクが、
お部屋の一番奥にはバスルームやシャワールーム、トイレがありました。
動線が上手く考えられていて、女性二人でも過ごしやすかったのを覚えています。



↓明るい時間帯のお部屋とお庭です。
e0142189_11464666.jpg

お庭のデイベッドから、更にお部屋のベッドの上からも遠くにボロブドゥール寺院を望むことができました。
(*注 カテゴリーによっては見えないお部屋もあります)


↓お部屋の一番奥にあるのがバスルームです。
e0142189_1444584.jpg

アウトバスです。
雨だと無理でしょうかw
シャワーやトイレは屋内にあり夫々個室になっています。


↓夜キャンドルを灯してバスタイムを楽しめるのですが、外、ですから色々と寄ってきそうですww
e0142189_11472593.jpg



↓さて朝食を。レストランのテラスからの眺めです。
e0142189_1317585.jpg

この通路の延長線上にボロブドゥール寺院が。見えますか??


↓2人で頂いた3日分の全朝食です。
e0142189_12555718.jpg

お味は普通に美味しかったです。
考えてみますと、大量の食材をこんな田舎へ運ぶこと自体が大変ですね^^;
これだけのお料理を頂くことは、とても贅沢なことなのかもしれません。


↓朝食後、敷地内をお散歩してみました。
e0142189_15344724.jpg

この場所からは、エントランス、バー、ダイニングを通して遠くにボロブドゥール寺院を望むことができます。(左上)
まるで窓のようですね。
このホテルを設計したのはエド・タートルという方。
タイのアマンプリやバリのアマンキラも彼の設計だそうです。

睡蓮が綺麗に咲いていました。
右下は敷地内にあるテニスコートです。


↓ライブラリーとギャラリーです。
e0142189_13214378.jpg

明るいライブラリー。
こちらには柑橘入りのお水が用意されていました。
右下はギャラリーです。


↓お部屋に用意されていた絵具。
e0142189_1593120.jpg

滞在が長ければ長いほど筆をとりたくなるのでしょうww



後編へつづく。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-09-15 19:31 | Indonesia | Trackback
2014年 06月 26日
** 牧歌的な風景に癒される @Amanjiwo October 2012 **
e0142189_17294843.jpg

お部屋のお庭にあるバレ



バレの先には刈り取られた後の田んぼや畑が広がっていました。
何て長閑な風景でしょう。

今回滞在したお部屋。
お庭のバレやお部屋のベッドの上からもボロブドゥールを望むことができました。


↓タイチョが畦道を歩いています。
e0142189_1815224.jpg

ほんと何もないwww

でも、
日が傾き始めた頃の柔らかな光が大地に降りそそぐ。
刈り取られた畑のことなど忘れてしまう程素敵な光景でした。
どの時期であっても、ジヲにはこの風景が似合いますね。


ジヲ関連の記事はこちらからどうぞ。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-06-26 20:06 | Indonesia | Trackback
2014年 06月 26日
** リゾートのアメニティ @Amanjiwo October 2012 **
e0142189_19545383.jpg

2012年秋のジョグジャ&バリ滞在と2013年秋のバリ滞在、
更に2014年春のサンフランシスコ滞在、
ランダムにUPして参ります。



さりげなくお部屋に置かれていたお絵かきセット。



旅の思い出を残すため写真を撮る方はいらっしゃいますが、
目の前の風景をわざわざ描こうという方はなかなかいらっしゃいませんね。


気軽に記録が残せるカメラの手軽さ。
時間的余裕が必要だけれど、その場の空気感を自分なりに表現できる水彩画。


素晴らしい眺めが広がり 時がゆっくり流れている場所では、
何となく筆を取りたくなるのでしょうか。


↓ライブラリーに滞在者の作品が残されていました。
e0142189_14123931.jpg

リゾートで筆を取りたくなるような心の余裕、
持ちたいものですね。

年を経て またここへ戻ってくるようなことがあった時、
自然と絵筆を持てるような自分であったら嬉しいですw

ジヲさんには、
このお絵かきセット、ずっと続けていていってほしいかな♪


ジヲ関連の記事はこちらからどうぞ。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-06-26 19:06 | Indonesia | Trackback
2014年 02月 15日
** ボロブドゥールを眺めながらインドネシア国歌を歌う October 2012 **
e0142189_1451625.jpg

関東では二週連続の大雪、凄かったですねー!

我が家の周辺は30センチ程の積雪。
お気に入りのスノーブーツを履き意気込んで家を出たのですが、
雪が固まっていたり水浸しになっていたりで歩きにくいったらない。。。

午前中いっぱい電車もバスも止まり、タクシー会社に電話してもつながらず。
目の前を歩く女性がおもいっきり転倒したのを目撃し、自宅待機することにして引き返しました。
歩く度にズボッと雪に埋まる感覚^^;忘れられないですね。


さて、2012年タイチョとの秋のジョグジャ旅、続けます。

Studio Mundut にてバティック製品を購入した後は、
いつもお世話になっているバリ現地旅行代理店BSBのKaoriさんのご友人、Yさん宅を訪ねます。

こちらYさんのギャラリーです。
e0142189_1449385.jpg

以前はカフェ兼ショップをされていたそうですが、
今はお店じゅう楽しいもので溢れかえるギャラリーを営んでいらっしゃいます。


↓思わず近寄りたくなりますよねww
e0142189_1130745.jpg

夕方からの訪問で綺麗な写真が撮れなかったのですが、雰囲気だけでも。


↓面白いものが山盛りです。
e0142189_11295733.jpg


↓連れて行ってくれたのはアマンジヲのドライバーさん。
e0142189_14491248.jpg

とっても親切なスタッフさんです。


↓お庭のバレで夕食頂こう~ということで買い出しに。
e0142189_11304487.jpg

ジヲのドライバーさんお勧めのローカル・フードのお店に連れて行っていただき、
数種類テイクアウトしました。

夕暮れ時から日没までYさん宅のお庭のバレでのおしゃべりしつつ食事します。
ほんと楽しかったー♪
Yさん、とっても気さくで楽しいお人柄。一気にファンになってしまいました!

そして、Yさんご夫妻お出かけの時間になり、身支度をされるとのこと。
宜しければご一緒にいかがですか?
と、よく事情がわからないままマノハラ・ホテルで開かれるパーティー会場へ行くことになりました。


↓朝はボロブドゥール寺院に行くためマノハラ・ホテルに立ち寄りましたが、夜はパーティーでw
e0142189_14492678.jpg

お出迎えの方たち。
折角なのでお写真撮っていただきました。


↓お庭に設けられたパーティー会場。
e0142189_14505935.jpg

中部ジャワの観光産業振興のようなものかな?
この日はそのオープニング・パーティーが行われるのだそうです。
勿論ステージ背後には中部ジャワの観光の目玉、ボロブドゥール寺院がライトアップw
中部ジャワの知事さんも参加されていて、かなり大がかりなパーティーのようでした。


↓バティックを持った女性たちの踊りw
e0142189_14504139.jpg

こんなの初めて観ました!

パーティーでは、ダンスやら歌やらお偉い方のスピーチやらと色々行われたのですが、
驚いたのはインドネシア国歌斉唱!!
全員起立して歌うのですが、私、インドネシア国歌知らないんですけど。。。
何とか口パクで誤魔化しましたwww


↓バッフェもあります。
e0142189_14511868.jpg

お腹いっぱいなので、デザートと飲み物だけ頂きます。


↓さぁ、そろそろジヲに帰りましょう。
e0142189_145013.jpg

ジヲの車を呼んでいただき、Yさんご夫婦、タイチョと記念撮影♪


↓最後にツーショットで。
e0142189_14501598.jpg

お二人ともとっても良いお顔されててモザイクかけたくなかったのですが。

本当に、本当に、
このような貴重なパーティーにお誘いいただき、感謝、感謝なのでした!!

**全て2012年10月のことです**


ジャワ島では今、火山が噴火して大変なことになっているとのこと。
ニュースで知りました。
ジャワ島の3つの空港が閉鎖。
ジョグジャカルタの空港もその中に入っています。
1日も早くジャワ島の方たちが平和な生活に戻れますように。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-02-15 22:21 | Indonesia | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 03日
** ジヲさまの朝食@Amanjiwo October 2012 **
e0142189_22542317.jpg

地平線に見えるのはボロブドゥール寺院。

世界遺産を眺めながらの朝食。
とても贅沢なことですね。


身の丈に合わないホテルですから恐らく最初で最後のことと思いますが、
これも貴重な体験www
折角なのでタイチョと楽しんで参りました。


ただ、何せ2012年10月のこと。
朝食メニューなど現在とは全く変わっている可能性があります。
これからジヲに滞在される方の参考にはならないかと思いますが、
一つの旅の思い出としてUPしておきます。


まずは3泊分の朝食を。


(アマンジヲ関連のUP済の記事はこちらのカテゴリーからどうぞ。)


↓ゆったりとした贅沢な空間です。
e0142189_175857100.jpg

朝から朝食バッフェの列に並ぶこともなく、スタッフものーんびりとした雰囲気♪

e0142189_22543981.jpg

代理店のパッケージを利用しましたので朝食は含まれていました。
メニューから好きなものを頂きます。

以下、3泊で頂いた朝食です。一気に参ります。


↓まずはフルーツ・サラダ
e0142189_22545199.jpg

↓ポーチドエッグ
e0142189_225577.jpg

↓オムレツ
e0142189_22551387.jpg

↓マンゴー
e0142189_22574731.jpg

↓ベーカリー・バスケット
e0142189_22575721.jpg

↓エッグ・ベネディクト
e0142189_22581433.jpg

↓パンケーキ
e0142189_22582228.jpg

↓ブブル・アヤム
e0142189_1451486.jpg

↓トッピングしたらこんな感じです。
e0142189_14515620.jpg

↓フレンチ・トースト
e0142189_1452314.jpg

↓お部屋のデイベッドでも頂けます??
e0142189_1452149.jpg

お部屋のデイベッドからの眺めは田園風景。
この時期は稲刈り後で寂しい印象でしたが、
朝からこんな素敵な雰囲気で食事できるのは幸せですね。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-02-03 23:47 | Indonesia | Trackback | Comments(2)
2014年 01月 31日
** ジョグジャでバティックに魅せられる@Amanjiwo October 2012 **
e0142189_17331938.jpg

ここ数か月の間 なかなか更新できなかった分、今のうちに連続投稿しておきます。


2012年10月にタイチョと滞在したアマンジヲ。


ホテル内にアート・ギャラリーがあるということで案内して頂きました。
展示されていたのは更紗。
どれも普段見慣れているバティック(ジャワ更紗)とは違い、時間をかけて描かれ染められた芸術品です。


因みに更紗とは、インド起源の模様染めの布のことです。
大航海時代 世界中に広まり、日本にも伝わってきていますね。
ジャワ島のジャワ更紗もインド更紗の影響を受けて作られるようになったものだそうです。
各地方でデザインが違うようですが今やインドネシア各地に普及しているバティック。

バリ・ヒンドゥーの儀式で巻くサロンもバティックですし、
バティックで作られたシャツはフォーマル・ウエアにも使われ、観光で訪れていてもたまに見かけます。

バティックの染めの方法は、
トゥリスという手描きのものや銅製チャップのスタンプを使うもの、
安いお土産屋さんで見かけるスクリーン・プリントのものなどがあり、
素材にはコットンやシルク、レーヨンが使われるそうです。

モチーフは地方によって色々。
調べてみると出てくる出てくるw
ジョグジャでは動物や植物、幾何学模様、
チボレンでは鳥や花、幾何学模様、雨雲をモチーフにしたもの、
ソロでは鳥や花、幾何学模様、と様々のようです。


個人的には、
世界中に広がった更紗の中で、
特に藤田嗣治が作品中で描いているフランス風に洗練されたフランス更紗(ジュイ布)が好きです。
(フランス更紗、ジュイ布のミュゼ案内はこちらで。)


↓画像追加しました。
e0142189_22471729.jpg

アートもいろいろ。


↓ホテル近くのバティックを置いているお店 Studio Mundut に連れて行っていただきました。
e0142189_14481824.jpg

高価なアンティーク・バティックから日常使いのバティックまで、あるわあるわwww
こうなると、あとはキャッキャ言いながらタイチョとお買い物です。

e0142189_1447581.jpg

画像は暗いですが店内はもっと明るいです。

e0142189_1448969.jpg

そして、クッション用のバティックを複数お買い上げ。
ちょっとオマケしてくれました♪
今更ですが、アンティーク・バティックを1.2枚欲しかったな~と後悔している今日この頃です。
アマンジヲのブティックではシルクのバティック・スカーフを購入しましたが、
やはりお値段違いますし、ここはもっと時間をかけて見せてもらうべきですねー
探せばもっと良い品物が見つかりそうですから^^

e0142189_14483193.jpg

こちらには、バティック製品の他に工芸品、石像なども置いています。
次回来ることがあったなら、ここはマストですwww

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-01-31 14:56 | Indonesia | Trackback
2013年 05月 31日
** ジヲさまのロマンティック・ディナー October 2012 **
e0142189_18234342.jpg

シンメトリーに配置された家具。

全てが左右対称な空間で一見デザイン重視のように見えるのですが、
シンクや荷物の収納場所、引き出しなども左右別々に設置してあり、
お友達同士でも気兼ねなく過ごすことができます。

e0142189_18235616.jpg

ライトアップの効果で、外のバレも一層素敵に。

この日は特別なロマンティック・ディナーの予約をしています。
さぁ、ドレスアップして出かけましょう。


more?
[PR]

by slow-foxtrot | 2013-05-31 23:00 | Indonesia | Trackback | Comments(6)
2013年 05月 06日
** Borobudur Temple Compounds @Amanjiwo October 2012 **
e0142189_14453588.jpg

一生に一度は行ってみたかった場所。


ジャワ島中部、ジョグジャカルタから42㎞の場所に聳え立つ、

Borobudur Temple Compounds

1991年、ユネスコの文化遺産に指定された ボロブドゥール寺院遺跡群です。
ユネスコのサイトは
こちら

世界最大級の仏教寺院だそうですが、
特に仏教に興味があるわけではなく
ただただ、このボロブドゥール寺院から
朝日が上る瞬間を見てみたかったのです。


まだまだ夜中という時刻に起床。
私もタイチョも早起き、頑張りましたよー!


静まり返ったホテル....

バーでは、ツアー参加者のための
パンや飲み物を用意したスタッフが待っていました。

こんな時刻にお腹が空くわけもなく、
ただただ、ボーッと参加者が揃うのを待ちます。


それぞれ用意された車に乗り込みボロブドゥールへ。

ボロブドゥール寺院に到着すると、
うっすらと空の色が紫に染まりだしました。

素敵ですねー♡

でも、あれれれー?
既に空が白んでますがw

寺院一番下の欲界~その上の色界、
更に上の無色界にたどり着いた頃にはお日様はうっすら出てしまっていて、
懐中電灯を持って上ってきた意味はありませんでしたwww

そして、
大事なお空はドン曇り(笑)

これでは日の出に間に合っていても
あれれれー?となっていたのでしょう(笑)

でもこれも旅の良い思い出です。

e0142189_14455040.jpg

三脚を持って来ている方もちらほら。
巨大なストゥーパが、朝靄の中浮かび上がっているように見えます。

e0142189_14461219.jpg

ムラピ山の噴火によって火山灰と密林に埋もれていたボロブドゥール。
1814年に発見されるまで、人々から忘れ去られていたのだそうです。
発見してくれたイギリス人に感謝w

沢山あるストゥーバの中には仏様の座像が置かれています。
とても安らかなお顔。
何だか心が清らかになった気がします♪

ガイド君による日本語でのレリーフ説明も素晴らしく、
聞いていると気分も明るくなってきましたw

貴重な体験でした。
ぜひまた行ってみたいな♪

今回、ジョグジャ滞在を快くOKしてくれたタイチョに感謝!

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-05-06 08:54 | Indonesia | Trackback | Comments(8)
2013年 04月 30日
** 至福のとき @Amanjiwo October 2012 **
e0142189_14471079.jpg

瑞々しいマンゴー


口の中に入れると蕩ける♪
一度食べたら忘れられませんね(*´∀`)

産地によってまちまちですが、
日本では数百円~○千円ほどで購入出来ます。

でもバリ島では、
マンゴーの季節だとスーパーで100円しないのですから驚きです。
しかも瑞々しくて美味しい♡


このマンゴーはジョグジャカルタ滞在時の朝食で頂いたもの。

お味はバリで頂くマンゴーと同じでした。


バリでマンゴーが採れないシーズンには、
ジャワのマンゴーが使われている。

以前あるホテルのスタッフさんから聞いたことがあります。

バリに来る観光客たちはマンゴーを期待してますからねー
無いと言われると結構ショックだったりします。
バリ産じゃなくジャワ産でもメニューにあれば嬉しいのですけどね。

e0142189_14473960.jpg

マンゴーの次は…

この日は夕方からお出かけの日。
ランチの代わりに、アンティパストにビンタンを頂いてみました♪

e0142189_14472295.jpg

塩分摂取控えめにしなくてはいけなかったのですが、
ここで我慢は無理というものですww
イケナイことをしている後ろめたさを感じつつ、こんなイケナイ休日もたまには良いかな?
と自分に言い聞かせていました(笑)

e0142189_14473194.jpg

さぁ、今 日本はGW真っ只中!
素敵なリゾートでこんな瞬間を味わっている
幸せな方がいっぱいいらっしゃるのでしょう。

私はその間お仕事お仕事(--;)
でもバリではありませんが、次回の予定が決まったからいいの♡
我慢してお仕事しましょ。

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-04-30 19:41 | Indonesia | Trackback | Comments(2)