タグ:絵のような風景~ ( 34 ) タグの人気記事

2014年 08月 22日
ラベンダー香る富良野・美瑛の丘へ ④ ** ファーム富田~メロンハウス~チーズ工房  July 29, 2014 **
e0142189_20491488.jpg

ファームレストラン千代田でのランチを終え、
(記事はこちら

中富良野にあるファーム富田へ。
(公式サイトはこちら


15haもの面積にラベンダーが栽培され、その他様々なお花も栽培されている花の楽園。

4月中旬からはクロッカス、5月にはチューリップやアイスランド・ポピー、シバザクラ、
5月下旬からはライラック、6月にはハナマスやルピナス、フランスギクなどなど。
そして6月下旬頃からはラベンダーが♡

7月下旬のこの時期は、色とりどりのお花で埋め尽くされていました。



富田忠雄氏が奥様とラベンダー栽培を本格的に開始したのが1958年。

1976年には旧国鉄のカレンダーでファーム富田のラベンダー畑が紹介され、
以来カメラマンや旅行者が訪れるように。
今では夏の北海道観光の中心的存在になっているそうで、
札幌発の北海道中央行きの日帰りバスツアーでは、必ずといっていいほど組み込まれている人気スポットです。

そして2008年からは、ファーム富田から東に4㎞ほど(車で7分)の場所に
日本最大級のラベンダー畑、ラベンダーイーストもオープンしています。
次回は是非立ち寄ってみたいですね。


e0142189_212944.jpg

ファーム富田では、花人の畑、倖の畑、彩の畑、トラディッショナル・ラベンダー畑、春の彩の畑、
秋の彩の畑、森の彩の畑など、四季折々の花を楽しむことができます。
(ファーム富田の花図鑑はこちら


敷地内には、レストランやショップ、カフェ、
ポプリの家、香水の家、ドライフラワーの家、ギャラリーなどが点在し、
全てを見て回ろうと思うと半日はかかりそう^^;


↓何処にいても、ラベンダーの香りでいっぱい♪
e0142189_17141425.jpg

ラベンダーのエッセンシャル・オイルは万能オイルとして有名ですね。
心をリラックスさせてくれる安眠効果や痛みを和らげると共に神経を鎮静させる効果、
皮膚細胞を活性化させる効果などがあるのだそうです。
夜、ボディローションで使うと幸せな気分になりますよww


1990年10月にフランスでラベンダーオイル品評会が開催され、
ファーム富田のエッセンシャル・オイル「おかむらさき」が第一位を獲得。
又、ラベンダー栽培の功労者に贈られる称号「オートプロヴァンス・ラベンダー修道騎士」の称号を授与されたそうです。
ファーム富田、これからも成長し続けていくのでしょう!


↓ラベンダー・ラムネ、飲んでみました!
e0142189_20503791.jpg

ラベンダーの花粒から抽出されたエキス配合のラムネ。

開けた瞬間うっすらとラベンダーの香りがしますが、お味は普通のラムネですww


↓ラベンダーからエッセンシャル・オイルを抽出する蒸留工場
e0142189_20501498.jpg

刈り取り時期であった今回、その様子を見学することができました。
濃厚なラベンダーの香りにむせ返ってしまいましたが^^;


< 製造工程 >
①釜の中に詰め込んだラベンダーに蒸気を通し、オイル成分を揮発させます。
②揮発したオイル成分は、ラベンダーの中を通り抜けた蒸気と一緒に冷却槽で冷やされ、蒸留水と混ざった状態で出てきます。
③油水分離槽でオイルと蒸留水に分けていきます。


ラベンダー・オイルは、1kgのラベンダーから6~8ml、一株のラベンダーから1.2~1.5mlしか採れないそうです。
因みに、蒸留を終えたラベンダーは肥料として活用されます。
オイルは園内各売店で販売していますし、蒸留水は(7月中旬からだそう)蒸留の舎で販売されていました。

e0142189_20521350.jpg

一部花畑の周りには長椅子が用意されていて、

歩き疲れた時などちょっとした休憩ができるので嬉しかったです。




◆そして隣接する、とみたメロンハウスへ◆

e0142189_2051282.jpg

この日の富良野は30度超え。体感温度はそれ以上でした。
暑くてもうフラフラです~ですからこちらでは、メロン・スムージーを頂いてみました♪


ファーム富田とこちらは親戚関係と聞いたような気がするのですが、一部の案内では無関係と記載されています^^;
無関係って。。。
要するに仲が悪いのでしょうか??
この二つの敷地は厚い壁で仕切られていて、まるでベルリンの壁状態。。。
そういえば、看板に「とみたメロンハウスで購入したメロンはファーム富田に持ち込みできません」と書かれていましたね。
以前ネットでこちらのメロンを購入したことがあるのですが、こんな話は知りませんでした。実際のところはどうなのでしょうねw




◆最後は富良野チーズ工房へ◆

e0142189_20554525.jpg

暑さで疲れ切ったころ、
今回のバスツアーの最後の立ち寄り場所、富良野チーズ工房に。

こちらでは、ツアー特典でアイスクリームを頂くことができます。
アイスを頂いた後、即2階のショップへ。
ここでのお勧めは、イカ墨のチーズ♡
コクがあってワインが進みますよー^^



そして、ツアーバスは札幌へ戻ります。
帰りは、行きとは別ルート(国道452号~岩見沢・三笠線)を通りました。
大きなダムがある山道。
この道の何処かに幸せの黄色いハンカチで有名な夕張に抜ける道があるようです。

その山道の途中、駐車場のような場所を通過した時にキタキツネを見ました!!
止まってバスを見ていたキタキツネ^^やっぱり顔が逆三角形でした!
その興奮といったらwww
でもバスの中の皆さんはお疲れのようで皆さん爆睡中。。。
1人、シーンとしたバスの中で興奮していたmeroでした。



さぁ、長かった富良野・美瑛レポもこれで終わりです。
残暑は厳しそうですが夏もそろそろ終わりに近づいていますね。

皆様、どうぞお風邪などひかれませんよう、ご自愛ください!
mero

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-08-22 19:05 | 国内小旅行 | Trackback
2014年 08月 21日
ラベンダー香る富良野・美瑛の丘へ ② ** 四季彩の丘  July 29, 2014 **
e0142189_20231775.jpg

残暑お見舞い申し上げます!!


暑い日が続きます。

7月には広島出張と北海道出張、8月は長崎出張と、
夏の間 殆ど地方にいたのですが、一昨日の夜中 無事帰宅致しました。


猛暑の夏^^;

やっぱり関東はかなり暑いですねー!


そういえば昨夜、夜中に蝉の声がして驚きました。
蝉は夜鳴く??

蝉の種類によっては、
夜一定の温度まで気温が下がらなかったり、家や街路灯の明かり等で明るいと夜でも鳴くのだそうです。
夜間の気温の高さ&明るさが原因でしょうか。


そのうち東京周辺は熱帯化してしまうのでしょうか?
いえ、既に夏の時期は日本よりバリ島の方が涼しいですし、
寝苦しい熱帯夜はいつものこと。

以前は節電のために夜間エアコンのスイッチをなるべく入れないように、という風潮でしたが、
でもここまで暑くなると、高齢者や子供が暑さで脱水状から
熱中症になり、
時に亡くなる方が出ると聞きます。
幸い、近頃は夜間 温度設定を28度程にしてエアコンをつけっぱなしにしていた方が健康に良い、
という流れになってきたようですね。
エコは大事だけど健康はもっと大事。
これで毛皮四足族のメロンやリンも安心でしょう。。。

2020年真夏の東京オリンピック、
世界中から来るアスリートたちはこの暑い東京を乗り切れるのでしょうか。
皆様どうぞご自愛くださいませ。




さて、久々の更新、

北海道 富良野・美瑛への小旅行、頑張って続けます。

e0142189_2028628.jpg

北海道アクセスネットワークのツアーバス、北海道リゾートライナー「富良野・美瑛まんきつ1DAY号」

パッチワークの路を車中見学した後は、四季彩の丘へ向かいます。
(パッチワークの路の記事はこちら
(四季彩の丘の公式サイトはこちら


北海道 美瑛の丘に広がる7ha もの広大なお花畑。
冬はスノーランド、それ以外は数十種類の草花が咲く花の楽園です♪

それでは、しばし可愛いお花たちをご覧ください。

e0142189_1111567.jpg


↓カートやバキー、ノロッコ号で敷地内の花畑を巡ることができます
e0142189_1110352.jpg


↓左に見えるのは牧草ロール(ロールベール)。これ一つが1か月の間に成牛が食べる量だそうです。
e0142189_11135728.jpg


↓風が通りそう~
e0142189_20264569.jpg


↓お花の種類は沢山ありますが、何処にいてもラベンダーの香りがします♡
e0142189_20312714.jpg


↓お土産屋さんもあります。冷えたトマトが美味しそう!
e0142189_2033107.jpg


季節によって様々なお花が咲き乱れる丘、
素晴らしかったです!!
個人的にはヒマワリが大好きなので、ヒマワリ畑が観られて大満足でした??


つづく。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-08-21 00:03 | 国内小旅行 | Trackback
2014年 08月 04日
ラベンダー香る富良野・美瑛の丘へ ① ** 砂川ハイウェイオアシス~パッチワークの路 July 29, 2014 **
e0142189_18423370.jpg

ラベンダー香る7月の富良野・美瑛の小旅行。

以前から憧れていた旅の一つです。



今までに何度か仕事で札幌へは行っていますが、
観光したことは無く、今思えばとても勿体ないことですねw


今回、一緒に仕事をしていた同僚からのお誘いもあり、
1泊延泊しバス・ツアーに参加、ベストシーズンの北海道 満喫して参りました。



富良野で1泊しようか?電車?車?などと色々考えましたが、ひと仕事終えた後のこと。
体調のことなどを考え、
効率よく行きたい場所を数多く廻れる札幌発着のバス・ツアーに参加することにしました。




ルートは、札幌⇒砂川ハイウェイオアシス⇒パッチワークの路⇒四季彩の丘⇒
ファームレストラン千代田⇒ファーム富田⇒ふらのチーズ工房⇒札幌へ
富良野・美瑛を満喫できる1日コースです。

まずは砂川ハイウェイオアシスからパッチワークの路を廻ります。



↓砂川ハイウェイオアシスでしばし休憩します。
e0142189_14245585.jpg

早速、瑞々しい富良野メロンに程よい甘さのベルギーチョコのソフトクリームを♡
これは共にお勧めです!


↓富良野・美瑛まんきつ1DAY号
e0142189_14254686.jpg

北海道アクセスネットワークのツアーバス、北海道リゾートライナーのドライバーさんとバスガイドさんです。
このバスガイドさん、北海道はりんごの産地でもあるというお話をしてくださった際、
バスの中で並木路子の「りんごの唄」を2番まで歌い切った面白いガイドさんですw
4月入社の新人さんだそうです。


↓以下、全て車窓からの眺めです。
e0142189_14353077.jpg

機関車トーマスの幼稚園バスとすれ違いました。


↓これは田んぼでしょうか?それとも蕎麦の花?
e0142189_14381839.jpg

実は北海道、新潟とトップ争いしているほどの米どころだそうです。
ゆめぴりか、ななつぼし、ふっくりんこ、ほしのゆめ等、
美味しいお米が生産されています。

e0142189_14383289.jpg


↓北海道ならではの道路標識がありました。
e0142189_1439594.jpg

北海道では、冬になると道路が何処にあるのか見分けがつかなくなるほどの雪が降ります。
そんな時に必要なのがこの矢印の標識なのだそうで、
白と赤の矢印で道路の場所を知らせる重要な役割を持っています。


↓そして、ついに頭の中で音楽が流れ始めますw
e0142189_14595014.jpg

果てしない大空と

広い大地のその中で

いつの日か幸せを

自分の腕でつかむよう~♪


by松山千春

「大空と大地の中で」、時に北の国からのテーマソングが頭の中で無限ループ状態ですw


↓パッチワークの路に入りました。
e0142189_150810.jpg

美瑛町の丘陵地帯です。
様々な花や作物が織りなす模様がパッチワークのように広がっているエリア。
ここが有名になり一番驚いているのは当の畑の持ち主さんたち、だったそうですww


↓バスの中です。
e0142189_1502565.jpg

驚いたのですが、北海道はバス・ツアーが多いのですねー

広大な土地に点在する観光スポットを1日でより多く廻ろうと思うと、
電車やレンタカーよりもバス・ツアーの方が効率良いですね。
レンタカーですと、たった1日でバス・ツアーと同じルートは恐らく廻り切れません。
恐るべしバス・ツアー、
選び抜かれたルートと緻密なタイムスケジュールのコンビネーションw

但し、ベストシーズンの北海道を甘くみてはいけませんね^^;
人気観光スポットは人だらけです。。。しかも北海道ではありますが夏は暑い。
この日の富良野の気温30℃。体感温度はそれ以上で日差しが痛いほどでした。
混雑&猛暑。
ベストシーズンの富良野・美瑛、ある程度の覚悟が必要です。


↓1976年、たばこ「セブンスター」のパッケージに採用されたセブンスターの木。
e0142189_1503731.jpg

カシワの木です。

e0142189_151185.jpg


↓1972年、日産スカイラインのCMに採用されたケンとメリーの木。
e0142189_1512095.jpg

ポプラの木です。


↓サクランボ売りです
e0142189_1513331.jpg


↓蕎麦の花、でしょうか?
e0142189_1514756.jpg

蕎麦の花は白い。
でも、こんな丘に蕎麦の畑があるのでしょうか?ただの野花かもしれません。

知らなかったのですが、北海道は蕎麦の産地。
帰宅後調べると、北海道は蕎麦の作付面積・生産量共に日本の上位を占めているのだそうです。
街道沿いに蕎麦屋が多い筈です。

e0142189_1515851.jpg


↓緑に囲まれた線路。
e0142189_1523123.jpg

日程に余裕があれば、電車とレンタカーで廻ってみるのもいいですね^^

つづく。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-08-04 19:30 | 国内小旅行 | Trackback
2014年 05月 03日
サンフランシスコ旅2014 ① <Yosemite National Park ~SF⇔Yosemite 車窓からの風景編 >
e0142189_16543159.jpg

サンフランシスコ、ベイブリッジから望む朝陽。


雲が邪魔をしていましたが、
その分、幻想的な光景でした。

ハンドルを握るAlisonの隣。
ボーッとした頭で見た日の出は夢のようでもあり、
瞬時に消える脇の景色と同じ位 あっという間の出来事でした。



4月17日から約1週間、サンフランシスコの伯父宅に滞在していました。

滞在中、色んな場所に行きましたが、
今日はヨセミテ国立公園に日帰り旅行した時のことを。



ヨセミテは伯父と伯母 お気に入りの場所。

初めて伯父宅に滞在した高校生の時にキャンプ体験をしたことがあり、
20代半ばに友人たちと日帰りで行ったこともあります。
私自身もとても好きな場所なのですよね。


今回のヨセミテ行きは伯父の鶴のひと声で決まり、伯父とAlison、私の3人で向かいました。

まずはヨセミテまで(から)の車窓風景を。
画像が多いので公園内と分けてUPします。
また、小浜島、去年一昨年のバリについては、今後今まで通り気の向くままにUPして参りますね。


e0142189_1055381.jpg

サンフランシスコからは、渋滞に合わなければ車で約3時間半~4時間ほど。
渋滞に合うとかなり時間がかかるようですので、出発は早朝。6時過ぎでした。

e0142189_10555921.jpg

お日様が出てきました。

しばし、車に乗った気分でご覧ください。

e0142189_16551253.jpg

e0142189_16553317.jpg
e0142189_16554218.jpg
e0142189_1656798.jpg

e0142189_1733198.jpg

街でしょうか。

e0142189_1715453.jpg

まだ雪が残っていますね。

e0142189_172172.jpg

何かおかしい?
以前、山火事があったそうです。かなりの範囲、焼け焦げています。

e0142189_1721662.jpg

山をぬうように川が流れています。
自然の雄大さが感じられる風景ですね!!


↓ここからは、帰りの風景です。
e0142189_17212160.jpg

来た時とは違い最高のお天気です♪

しばし、車に乗っている気分でご覧ください。
e0142189_17214252.jpg
e0142189_17221279.jpg


↓空のキャンバスに描かれた絵のようにも見えますw
e0142189_17235949.jpg


↓空が広いーーーーっ
e0142189_17241313.jpg


↓全て車の中から撮ったものですので、なかなか上手くは撮れませんが牛も発見!
e0142189_17243663.jpg

e0142189_17284270.jpg

アメリカって広いなーと今更ながら思いました。

e0142189_17285492.jpg

e0142189_17292160.jpg
e0142189_17293286.jpg


↓海が見えてきました。
e0142189_1729583.jpg

往復7時間半位かな?
Alison一人で日帰りドライブ^^;
かなり大変だったかと思います。Alison、お疲れ様でした!


公園内編へ続く。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-05-03 19:03 | San Francisco | Trackback
2014年 04月 12日
珊瑚の海に抱かれる@八重山諸島・小浜島 <幻の島へ行く編 April 9,2014>
e0142189_0341374.jpg

久々の更新です。


八重山諸島。


東京から約2000km、
沖縄本島から約400kmの距離にある日本最南西端の島々。


以前、沖縄では本島、宮古島、久米島、慶良間諸島、沖縄ではないけど奄美大島と、
あらゆる島に行っていますが、八重山諸島は初めて。


滞在可能な島が複数ある中、
ドラマ「ちゅらさん」で有名な石垣島と西表島の間に浮かぶ小さな小浜島を選び、
束の間八重山の自然に触れて参りました。


羽田-石垣島間は直行便で約3時間ほど。
2014年4月現在 ANAと日本トランスオーシャンが直行便を出しています。
新石垣島空港から石垣港離島ターミナルまではタクシーで25分(2,800円ほど)、
更に石垣港離島ターミナルから小浜港までは高速船直行の場合で25~30分。(往復2,340円)
小浜港からは、高速船到着時間に合わせホテルのシャトル・バスが迎えに来ていました。
ふぅ、移動だけで1日つぶれましたね^^;

今回お世話になったのは星野リゾート・リゾナーレ
小浜港からはシャトルで約5~10分ほど。
参考までに、星野リゾートは今年バリ・ウブドにホテル「星のや バリ」を開業するそうです。
どうりでホテル中、バリのエキスがいっぱいww
まるでバリにいるようでした。ホテルのことはまた別の機会に。


さて今日は、
八重山の綺麗な海を堪能するツアーで出合った風景をUPして参ります。

e0142189_0324251.jpg

このツアーは、幻の島と呼ばれる浜島の美しいビーチを堪能した後、
お魚畑というポイントでシュノーケリングを楽しむというものです。

この日の天気予報は雨。。。
島人(しまんちゅ)たちは皆 口を揃えて言います。「ここの天気予報は当たらない。」
観測所が1つしか無いと言っていましたが、八重山諸島で1つということでしょうか^^;

なるほどw

雲はありますが、良いお天気ですー??


↓船長さん。島人です。
e0142189_0331899.jpg


↓船内で説明を受けます。
e0142189_0333818.jpg

事前に身長・体重・足のサイズなどを知らせておくので、
ウエットスーツとフィン合わせをする必要はありませんでした。
船内にはタオルや暖かい麦茶が用意され、簡易トイレもあります。
トイレといっても海直結なのでトイレットペーパーなどはなく、ティッシュを使う場合はゴミ箱に捨てるそうです。
バリのトイレみたいwww
スタッフさんの横にいる方もリゾート・スタッフさんですが、彼は休暇中の参加だそうです。
勉強熱心ですねー^^


↓幻の島に到着です。小浜港から30分ほどかな。
e0142189_14114247.jpg

めちゃくちゃ綺麗な三日月形の島です。
大潮の満潮時に姿が消え、干潮時には姿を現すという幻の島www
島の形は日々変わるのだそうです。

砂の白さと海の綺麗さに感動!
昔仕事で久米島に行った際、漁師さんの船をチャーターして 「はての浜」という無人島に行きましたが、
同じような印象です。

e0142189_14121380.jpg

綺麗な水~♪
スタッフさんによると、この日の海のコンディションは最高♪
心配していた水温ですが、日差しが強く水温も上がっていますし、
分厚いウエットスーツを着ていましたから、1時間ほど海に浸かっている分には全く問題なかったです^^
不思議ですねー
この前日、ホテルのビーチでは冷たすぎて海にもプールにも入れなかったのですが^^;


↓友人と、しばしここで寝転がっていました♪
e0142189_0344629.jpg

ここ、天国ですか??

e0142189_14112065.jpg

この島から船で少し行った場所に、お魚畑というシュノーケリング・スポットがあります。
写真はありませんが、そこではニモを何匹も見ましたよー♡
そしてピンク、ブルー、グリーンと色とりどりの珊瑚。
その珊瑚を住処にするトロピカル・フィッシュたち♪
まさしく楽園でした。

海セラピーという言葉がありますね。
この後、体が軽くなったのですから不思議です。
まさしくこれは治療。心と体は繋がっています。
心が癒され、そして何かが体に作用していくのでしょうか。


↓三日月の先っちょが見えましたw
e0142189_1411988.jpg


↓ここにいると自然と笑顔になります。
e0142189_1412354.jpg

知らない人たち同士で会話が交わされます。
やっぱり海は良いなー??

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-04-12 19:10 | Okinawa | Trackback | Comments(6)
2012年 12月 10日
京都出張2012 ⑩  ** 高台寺~味味香~東福寺 編 11/19 **
e0142189_19322293.jpg

昨日、残念ながらPCがご臨終致しました^^;

実は今、奇跡的に動いています~
おそらく、もう二度と動きそうにないので、
なかなか電源きれそうにありません(涙)
もうデータもバックアップとったので、ウギャ~!とはならずにすみましたがww
そろそろ出張なので、新しいものに買い換えるのは年末近くなっちゃうかなー

ということで、
動いてるうちに、京都出張シリーズ進めます。
というか終わらせないと、年越したらもうUPしない予感(笑)

大人の修学旅行@嵐山が残っていますが、
それだけは何とか年内に頑張ろうかと思います。。。


ではでは、
いつ動かなくなるか分らないので、急いで参ります~


11月19日京都観光の最後は、高台寺~味味香~東福寺です!


京都出張シリーズの他の記事はこちらからどうそ。
京都出張2012 ① ** 銀閣寺~哲学の道 編 **京都出張2012 ② ** 禅林寺(永観堂)編 **
京都出張2012 ③ ** 南禅寺~真如院~金戒光明寺~平安神宮 編 **
京都出張2012 ④ ** サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都 編 **
京都出張2012 ⑤ ** ライトアップ@知恩院 編 **
京都出張2012 ⑥ ** ライトアップ@青蓮院門跡 編 **
京都出張2012 ⑦ ** 割烹なかじん 編 **京都出張2012 ⑧ ** 清水寺 編 **
京都出張2012 ⑨ ** 産寧坂から二年坂~霊山 護国神社 編 **


e0142189_19485943.jpg
護国神社側から高台寺へ入っていきます。

e0142189_19251353.jpg
高台寺....
豊臣秀吉歿後、その菩提を弔うため、北政所が慶長11年(1606年)に開創したお寺です。
敷地に入った途端に感じたのですが、何かこう、とっても落ち着いた佇まい。
今までのお寺と違い、ダイナミックとか豪華とかいうことではなく、時の流れがゆっくり感じられる空気感。好きですね~^^

e0142189_19202742.jpg
龍が住む方丈の前庭....
春と秋のライトアップ期間だけ公開されるそうです。
そういえば、タクシーの運ちゃんが、高台寺はライトアップが上手!!とべた褒めされてました。行けなかったのが心残りです~出張が重なれば春にでも行ってみましょ!!

続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2012-12-10 22:05 | 国内小旅行 | Trackback | Comments(6)
2012年 12月 09日
京都出張2012 ⑨ ** 産寧坂から二年坂~霊山護国神社 編 11/19 **
e0142189_1323797.jpg

坂本龍馬....

20代の頃、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み、
本の中で描かれていた主人公、竜馬のあまりに破天荒な生き方に、
いちいち感心したり呆れたりしていた記憶があります。
結局本を読み終わる頃には小説の中の竜馬ファンになっていた私(笑)

今年2012年は出張年。
当初、名古屋、高知、長崎、新潟、京都、奈良、静岡となる筈でした。
高知に長崎に京都?
もしやそれは、実在した龍馬の足跡をたどれるってこと?
龍馬の隠れファンである私は内心ワクワク(笑)

結局ボスの希望から、高知→東京、奈良→福岡へと変更されたのですが、
高知へは4月に「高知ルネ」という形で行くことができました。

高知ルネでは桂浜の坂本龍馬像を見たり、長崎出張では亀山社中を見学したり。
毎朝、観光丸を見ながら仕事場に向かっていたことは良い思い出です^^
そして最後は、龍馬が亡くなった京都でお墓参り(笑)
8ヶ月かけて龍馬の足跡をたどったことになります。
再び竜馬がゆくを読んだ時の感動が思い出されたのでした。

どんだけ龍馬好き~?と思われるかもしれませんが、あくまでこの出張は偶然。
例えば、毎年坂本龍馬の墓掃除に行くような熱狂的なファンではなく、
たまたま本の中の主人公が実在した歴史上の人物で、その生き方に感動した~というだけなのです。
実際のところ、小説の竜馬はかなり作られた人物のようですけどね(笑)


さぁ、産寧坂から二年坂を通って、坂本龍馬が眠る霊山護国神社へと参ります。


京都出張シリーズの他の記事はこちらからどうそ。
京都出張2012 ① ** 銀閣寺~哲学の道 編 **京都出張2012 ② ** 禅林寺(永観堂)編 **
京都出張2012 ③ ** 南禅寺~真如院~金戒光明寺~平安神宮 編 **
京都出張2012 ④ ** サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都 編 **
京都出張2012 ⑤ ** ライトアップ@知恩院 編 **
京都出張2012 ⑥ ** ライトアップ@青蓮院門跡 編 **
京都出張2012 ⑦ ** 割烹なかじん 編 **京都出張2012 ⑧ ** 清水寺 編 **


e0142189_1331790.jpg
まずは産寧坂....
予想通り、ここからはひたすら坂を下ってまいります(笑)
しかし、とにかく人が多い~~~迷子にならなくて良いのですけどww

e0142189_1341162.jpg
可愛いこんぺいとうのお店やイノダコーヒー....

e0142189_1345967.jpg
よーじや....
pipiちゃんから教えてもらった、縁結びの匂い袋を無事GET(笑)

e0142189_1354876.jpg
奥丹....
ぴったんこカンカンで紹介されたお店だそうです。
お昼を過ぎていたのでお腹ペコペコ~でも美味しい湯豆腐は嵐山で頂く予定になっていたのでパス!
あ、隣に奥丹のとうふまんじゅう屋がwww

e0142189_1363237.jpg
折角なので頂いてみました!凄い人気です。
蒸かしたてを頂きました^^中にはおから。ほんのり優しいお味で美味しい~

続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2012-12-09 15:56 | 国内小旅行 | Trackback
2012年 12月 09日
京都出張2012 ⑧ ** 清水寺 編 11/19 **
e0142189_182318.jpg

山燃ゆる秋!

11月中旬から下旬にかけての京都は紅葉真っ盛りでした~♪

どんなにお仕事で疲れていても、
お休みにホテルで寝てるのは勿体無い!!

なので、この日は東山地区の南部から中部を観光することにしました^^

おそらく、ホテルのある地下鉄東西線・東山駅から清水寺に向かおうとすると、
結構上り坂が多いはず!!
ホテル→青蓮院→知恩院にかけては結構キツイ上り坂で、
更に、二年坂や産寧坂は、高台寺から清水寺方向へ向かおうとすると、
いうまでもなく上りである。。。

なるべく疲れたくない軟弱なツーリストである私は、
最初にバスで清水寺の近くまで行き、そこから産寧坂~二年坂を下って
高台寺・八坂神社付近を散策しよう~と思い立ったのでありました。
結局、坂本龍馬のお墓や東福寺まで行くことになったのですけどねww

しかし、今思い出しても、
この日に出合った紅葉は、私の人生の中でNo.1♪
しかも憧れの京都ですから最高です~(笑)


さぁ、まずは 音羽山 清水寺から参りましょう~!


京都出張シリーズの他の記事はこちらからどうそ。
京都出張2012 ① ** 銀閣寺~哲学の道 編 **京都出張2012 ② ** 禅林寺(永観堂)編 **
京都出張2012 ③ ** 南禅寺~真如院~金戒光明寺~平安神宮 編 **
京都出張2012 ④ ** サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都 編 **
京都出張2012 ⑤ ** ライトアップ@知恩院 編 **
京都出張2012 ⑥ ** ライトアップ@青蓮院門跡 編 **
京都出張2012 ⑦ ** 割烹なかじん 編 **


e0142189_17571586.jpg
音羽山 清水寺....
宝亀9年(778年)、奈良子島寺の賢心、後の延鎮上人によって開創されたそうです。
しかし人が多いですね~
ツアー客が沢山いるので、入り口付近はもうグチャグチャです^^;

e0142189_17545583.jpg
境内に入ると、手を清めようと結構な数の人が並んでいます。
というより長蛇の列!
先を急ぐので手を清めるのは止めにしました。はは^^;

e0142189_1854918.jpg
そして向かったのは本堂~清水の舞台へ。
ここから見える風景が既に素晴らしいです^^
山燃ゆる、というよりは、山装うという表現がピッタリです♪

e0142189_1861921.jpg
清水の舞台からの眺め。
こう見ると、ほんと山の中に建てられたお寺なのですねー^^
どうりで、バス通りから清水寺まで上り坂だったわけです。

続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2012-12-09 01:48 | 国内小旅行 | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 08日
京都出張2012 ⑥ ** ライトアップ@青蓮院門跡 編 11/18 **
e0142189_21402350.jpg

寒い寒い 京都出張2012 ⑤ ** ライトアップ@知恩院 編 ** の後は....


お隣の青蓮院のライトアップに参ります。


京都出張シリーズの他の記事はこちらからどうそ。
京都出張2012 ① ** 銀閣寺~哲学の道 編 **京都出張2012 ② ** 禅林寺(永観堂)編 **
京都出張2012 ③ ** 南禅寺~真如院~金戒光明寺~平安神宮 編 **
京都出張2012 ④ ** サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都 編 **


青蓮院門跡....

ここ、正直立ち寄る予定はありませんでした。
だって、体が冷え切ってるし、雨降ってるし、お腹空いたし、ホテルまで歩いてすぐだしwww

でも、ふら~っと入っちゃったんです、ここ。
素晴らしいんです、木が。お庭が(笑)


続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2012-12-08 11:27 | 国内小旅行 | Trackback
2012年 12月 08日
京都出張2012 ⑤ ** ライトアップ@知恩院 編 11/18 **
e0142189_2130337.jpg

ライトアップ?

実は今回の京都出張に来るまで、
お寺の夜間拝観、ライトアップの存在は全く知りませんでした。

ホテルのコミュニティルームにあるライトアップのパンフを見て、
ホテルから数分の距離の青蓮院や知恩院で夜ライトアップをしている~という事を知り、
特に知恩院では、
11月~12月1日までの土日に三門でライトアップ・コンサートをしている~と。
是非オーボエのコンサートの日に、聴きに行きたいな~と思っていたのでした。

ということで、

京都出張2012 ① ** 銀閣寺~哲学の道編 **京都出張2012 ② ** 禅林寺(永観堂)編 **
京都出張2012 ③ ** 南禅寺~真如院~金戒光明寺~平安神宮編 **
京都出張2012 ④ ** サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都 編 ** に続きまして....


知恩院のライトアップのことを。


e0142189_21211682.jpg
国宝である三門の上からの眺め。

e0142189_212224100.jpg
元和7年(1621年)、徳川秀忠が建立した高さ24m、間口50mの日本最大の木造二重門。

e0142189_2123812.jpg
すっごい傾斜の階段を太い綱を頼りに上っていきます^^;

続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2012-12-08 00:39 | 国内小旅行 | Trackback