2008年 06月 08日
心象風景に出会う旅~Sugiantaさん
熱帯の山より流れ入る、霧立ち渡る。
ヤシの林より陽の光、大地を照らし心しみ透らせる。

バリの画家「Sugiantaさん」の絵の一部です。
e0142189_12301683.jpg

幻想的なワンシーン。
今まで山の絵では、日本画家「東山魁夷さん」のファンでした。
これが見たいな~と思って以来、
ウブドへ行ったり、もっと奥地へ行ったり。
いつか、こんな幻想的なシーンを見ることができるかな~

e0142189_12311467.jpg

e0142189_2001295.jpg

好評につき、牛さんと農夫の絵も追加してみました。
一日の農作業を終えて、牛と農夫が帰ってゆきます。
バリの農家では普通の光景なのでしょうね。


さて...
もうすぐ渡バリです。
何故か惹かれるのですよね~
親や友人の中には理解不能の人もいるけど、
そんなの、行ってみなければ分らない。

初めての渡バリでは、無難な南部リゾートへ行きました。
だから、当時のバリのイメージは「海」でした。
でも南部リゾートって、あまり海が綺麗じゃないし。
だから、ちょっと?いや長年の間、バリを避けて別のお国へ行ってました。

でも....
いつしか、バリ好きの方たちのブログなどを見るようになって以来、
バリの魅力を再発見!!
とても、新鮮な気持ちで興味が湧いてきました。
そして、今に至ります。
バリ好きにしてくださった皆様へ感謝感謝です♪
[PR]

# by slow-foxtrot | 2008-06-08 13:14 | 絵のこと | Trackback | Comments(18)