カテゴリ:旅情報( 5 )

2013年 11月 17日
ANA&GAで行くデンパサール(復路)2013年10月30日そしてJKT 乗り換え編
e0142189_2384822.jpg

機内から見えた朝陽。
何度見ても心が温かくなりますね♪

私が夢中でシャター押してるのをご覧になっていたのか、
その後、CAさんから「素晴らしい朝陽でしたね!」と声をかけられました。


さて、無事デンパサールを離陸したGA415。
(デンパサールでの新国内線ターミナルの模様はこちらです)
ディレイが10分だったこともあり、余裕でジャカルタ到着です。
しかし、往路もそうでしたが、今回もジャカルタ上空雷が鳴りまくっていました^^;
飛行機の中から見ていると、ちょっと、いえ、かなり怖いものですね。


さてジャカルタ到着後、
とりあえずバゲージクレーム方面へ。

今回はANA利用ですから、まずは国内線の出口を出て国際線の入り口へ向かいます。
国内線とANA国際線は同じ第2ターミナルですからちょっと余裕でしょうか。
大きなディレイが無くて本当に良かった!!


今回ジャカルタでの荷物のピックアップはありませんでしたので、
↓ごった返しているターンテーブルを横目に出口を出ます。
e0142189_235157.jpg


↓こちらは国内線出口を出た所です。こちらから出てきます。
e0142189_2354481.jpg

画像左にいるホテルスタッフさんの横にエレベーターがあります。


↓出口近くにあるエレベーター(LIFT)に乗り、一つ上の階へ。
e0142189_235284.jpg


↓外に出て、ひたすら国際線方面へ歩きます。(建物に背を向けて右へ)
e0142189_2355850.jpg

ANAの看板が見えてくるまで歩くのですが、結構歩きました^^;


↓ちょっと心細くなってきた頃、ANAの看板発見♪
e0142189_2361682.jpg

あなたに会えて嬉しいw

建物内に入り、更に制限エリアに入ります。ここでX線検査を受けます。


近くには各航空会社のチェックイン・カウンターが並んでいました。
↓この電光掲示板でカウンターをチェックします。
e0142189_2363265.jpg


↓ANAのチェックイン・カウンター見つけました。
e0142189_2364813.jpg

こちらで空港使用料Rp150,000支払いボーディングパスを頂きます。
大きなスーツケースを持ち歩かなくて良いって素晴らしい??


↓出国手続きのため、イミグレに向かいます。
e0142189_237737.jpg


↓途中JALのチェックイン・カウンターがありました。
e0142189_2372266.jpg


イミグレーションで出国手続きをして頂き、免税店などショップのあるエリアに入ります。


↓大きな免税店やお土産屋さんが多いですねーさすがインドネシア首都ジャカルタの空港です。
e0142189_2374553.jpg

このエリア、かなり広いのでゲートまで結構歩きます。
もっと時間的に余裕があればラウンジ利用も出来るのですが、乗り換え時間2時間では無理ですね。


↓ゲート手前で最後のX線検査を受けます。
e0142189_238810.jpg

アクアのペットボトル、ずーっとバリから持っていたのですが、ここで没収されました。
私の前に検査を受けられていた日本人男性が、
このX線検査場の近くのお店で購入されたというお土産のビン詰(練り物系スパイス)を没収されていました。
頑張っていましたが、無理だったようです^^;
買う方はご存じない、という方もいらっしゃるのでしょうけど、いつも思いますが売る方も売る方です。


↓待ち合いエリアに入りました。
e0142189_2382740.jpg

ここにはトイレはありますが、お店類は全くありません。
何かお飲みになりた方はこのゲートに向かう前に飲みましょう^^


以上2013年10月23,30日の
ANA&ガルーダで行くデンパサールのご報告でした!

最後に感想です。
やっぱりジャカルタでの乗り換え時間は、2時間半以上は必要かと思います。
当初乗り換え時間が2時間あるGA419を予約していたのですが、
突然ガルーダさん、時間変更でGA419の出発時刻が30分遅くなったのです。
ということは乗り換え時間1時間半ということです。ありえません。
元の出発時刻に飛ぶ便GA415に変更して頂くことができましたのでラッキーでしたが、
やっぱり余裕があるに越したことはないですね!特に復路は。


では次回からは、ニューヨーク・レポだったりバリのことだったり、
気ままに参りますね。

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-11-17 20:18 | 旅情報 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 17日
ANA&GAで行くデンパサール(復路)2013年10月30日まずはDPS 新国内線ターミナル編
e0142189_22562496.jpg

往路に引き続き(記事はこちら)、
復路のレポも一気に参ります。


10月に開催されたAPECのためにバリ島で進められていたインフラ整備。

万年渋滞状態でストレスの原因だったシンパンシウールが立体交差地下道化したり、
ヌサドゥア~ングラライ国際空港~ブノア港(サヌール方面)を結ぶ海上高速道路が完成したり。
10月の渡バリではそれらを目の当たりにして、
あまりの変化に驚くと共に、急激な変化に少しばかり不安な気持ちにもなりましたw
そして勿論、デンパサールのングラライ国際空港も新しくなりましたね。


今回の帰国便はジャカルタ経由ですから、デンパサールからはガルーダ利用の国内線。
デンパサールからジャカルタへ向かう国内線の場合、新しいターミナル利用ということで楽しみにしていました。
何せ行きのジャカルタ→デンパサールの到着時は、旧ターミナルに降ろされましたので^^;


↓新国内線ターミナルの入り口です。
e0142189_22572114.jpg

Domestic Departure の矢印に従っていきます。


↓チケット・カウンター
e0142189_22574298.jpg

ここは通過します。

この後、制限エリアに入り、見送りなどはここまで。
荷物を含めX線検査を受けます。


↓今度はCheck in の看板が出てきましたw
e0142189_22583145.jpg

矢印通りに進んでいくと、チェックイン・カウンターが見えてきます。
ガルーダ・カウンターでチェックインし、国内線の空港使用料Rp40,000を支払います。
預け入れ荷物があったので確認すると、この時はジャカルタでの荷物のピックアップは無いそうで、
荷物は成田でピックアップできるとのことでした。
荷物に付けられたタグにもNRTと表示されていました♪

この数日前と1か月程前に同じジャカルタ乗り換えをされた方々からお聞きしたところ、
皆さんジャカルタでは預け入れ荷物をピックアップしなくてはいけなかったそうです。
何が原因かは分かりませんが、四六時中変更があると思っておいた方が宜しいかと^^;
何せバリですから。

チェックイン・カウンターの近くにあるカウンターを通りボーディングパスなどを見せ、
その先で再度X線検査を受けます。かなり緩い手荷物検査でしたがいいのでしょうか。。。


↓国内線の搭乗待合エリアです。
e0142189_22585527.jpg

以前の古い待合エリアを知っているだけに、ちょっと感動ですw
綺麗です。
ゲートもトイレも小さなカフェも沢山ありましたよー♪
参考までに、私が利用したトイレには車いす用のブースもありました。
そして、手洗いの水は自動で出てきますwww


↓バクソ屋さん発見。
e0142189_22591744.jpg

綺麗過ぎてかえって入りにくいバクソ屋さんw
ウブドのバクソ屋さんが見たら驚くでしょう。


↓歩く歩道もあります。
e0142189_22595633.jpg

動く歩道に乗りながら撮ったので以下の画像もブレブレですが、
情報の一つということで参考にして頂けたらと思います。


↓こんな小さなカフェが複数ありました。
e0142189_2301112.jpg

もっと小さなワルン的なカフェはゲート毎あらゆる場所にあります。


↓小さなコンビニのようなお店も結構ありました。
e0142189_2304368.jpg


↓EXCELSO発見
e0142189_2311358.jpg


↓一応搭乗ゲートの場所とゲートが変更になっていないかを確認しておきます。
e0142189_2313541.jpg

すごい混みようですね^^;


↓こちらのゲート付近には、小さなワルン的なカフェとキヨスク的なお店がありました。
e0142189_2314929.jpg


↓そして近くにはケンタもどきが。。。
e0142189_232659.jpg

もっと奥には本屋さんとか色々あるようです。
小さな規模のお土産屋さんも所々ありましたが、
全く興味が無かったので内容は不明です。


↓さぁ、小腹が空いたので、先ほどのEXCELSOへ。
e0142189_233530.jpg

喫煙者に朗報です。
ここは喫煙ルームがあります。


↓しばしコーヒーブレイク♪
e0142189_2331835.jpg


↓サンドイッチを頂きました。
e0142189_2335352.jpg

ボリューム多過ぎです。。。二人で一つでいいですね。
こちらではハーゲンダッツのアイスクリームも豊富に揃っていましたし、
今のところ、お店も綺麗にされていました。
喫煙者には喫煙ルームもありますし、何かと使い勝手良さそうですねー

あ、ひとつだけ。
FREE WIFI 使えるのでパスワードを教えて頂きましたが、
恐らく近くで電波が飛びまくっているようで、拾えませんでした。残念。。


↓飛行機まではバスで向かいます。
e0142189_234481.jpg

ガルーダ国内線恐怖のディレイはいかに?

恐れていたディレイでしたが、
ラッキーなことに、たったの10分のディレイですみました!!

フライト・キャンセルになってしまった方や、
大幅ディレイでジャカルタで日本に向かう便に間に合わず大変な思いをされた方のお話を聞いていましたし、
更にこの日も....
ガルーダではありませんでしたが、フライト・キャンセルになっていた飛行機がありました^^;
恐ろしい。。。
今回はラッキーだったのでは?と思うことにしましたww

次回はジャカルタでの乗り換えレポです。

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-11-17 15:01 | 旅情報 | Trackback
2013年 11月 16日
ANA&GAで行くデンパサール(往路)2013年10月23日ガルンガン当日編
e0142189_14241521.jpg
今回の渡バリで利用したキャリアはANA&ガルーダ。

往路 成田→ジャカルタ間 ANA NH937、ジャカルタ→デンパサール間 GA426
復路 デンパサール→ジャカルタ間 GA415、ジャカルタ→成田間 ANA NH938


ここ数年、渡バリの際はガルーダ直行便GA881を利用していました。
ガルーダは、行きの機内からバリの雰囲気が感じられる貴重なキャリア。
機内食のインドネシア料理に使われるスパイスの香り、
ビンタン・ファンには嬉しいことに、機内でビンタン頂けますしね。

ここ数年、めざましい活躍のガルーダ・インドネシア航空。
イギリスに拠点をおく航空サービス・リサーチ会社 スカイトラックス社などから複数の賞を受賞しています。
ガルーダ国内線では?と思うこともありますが、国際線では優しくて素敵な笑顔のCAさんばかりなのも二重丸ww
更に2013年11月現在、成田発GA881とGA885、大阪・関西発GA883では、
機内入国審査が受けられるという大きな特典付き??
到着早々入国審査の長蛇の列最後尾に並ぶのは嫌!という方には有難い便なのですよね♪


そして我が日本が誇る民間航空会社 ANA
元々サービスには定評のあるANAですが、既に様々な賞を受賞していたのですね。
スカイトラックス社から、日本のエアライン初の世界最高評価 5☆獲得。
米国のAir Transport World 誌よりAirline of the Year 受賞。
Flight Stats社より、ANAネットワーク定時到着率、ANA運航便の就航率が2012年世界第一位!
過去には上記以外にも様々な受賞歴があるようです。


ANAもガルーダも頑張っていますね^^


さて、今回のANA&ガルーダ。
ジャカルタで乗り換えしなくてはいけません。
ジャカルタは、大昔JALのジャカルタ経由デンパサール行き以来の久し振りの利用。
その頃 乗り換えはなく、同じ機材でデンパサールまで行けましたので特に手間はかからなかったのですよね。
今はデンパサールへはJALもANAも乗り入れなし!
ジャカルタからデンパサールまでは他のキャリアを利用しなくてはいけません。



ということで、ジャカルタ乗り換えはとても新鮮な気分であった一方、
次の便に間に合うかどうか?
念のため、往復共にジャカルタでの乗り換え時間を2時間確保していましたが、
ディレイ当たり前なガルーダを使っての乗り換えですから復路はかなりドキドキ^^;


イメージとして....

往路、ジャカルタでは第2ターミナルに到着。
ヴィザ購入、入国審査、預け入れ荷物のピックアプが必要です。
国内線のGAかメルパティ乗換の方は、
超広いバゲージクレームの端(奥)にある専用の税関を通って国内線エリアへ直接通り抜けられるので、
バゲージクレームで荷物をピックアップ後、専用の税関を通ってGA乗換カウターでチェックイン、再度荷物を預けます。
(ライオン・エアーなどターミナルを移動しないといけないキャリア利用の方は、メインの税関を出てターミナルを移動します)

そして復路。
ジャカルタの国内線エリアに到着。
デンパサールのガルーダ・チェクイン・カウンターで預け入れた荷物が成田まで行くことを確認済みでしたので
(タグにもNRTと書かれていました)、
ジャカルタでの荷物のピックアップはなく、国内線の建物を出て国際線エリアへ移動、ANAへチェックイン。
(上記全て2013年10月30日時点です。
預け入れた荷物のピックアップが必要な時もありますのでデンパサールで荷物を預け入れる際に要チェックです)
出国審査して搭乗口へ。


と、これだけのことを2時間以内で済ませます。
実際の搭乗案内はもっと早い時間にされますから、実際は1時間40~45分程といったところでしょうか。



これらのタイミング、もう一度画像で見るとこのような感じです。
もう見慣れていらしゃる方はスルーして下さいw


まずはジャカルタの空港に到着~の筈が....
ジャカルタ上空が混雑していて上空待機すること30分弱^^;
いくらANAが定時到着率2012年世界第一位だったとしても、これは何ともなりませんね。
到着する空港がインドネシアですから、管制スタッフもインドネシア人ですし。。。

ANAは第2ターミナルに到着です。
成田からの予定所要時間は7時間35分。30分弱遅れて着陸しましたので、8時間程かかりました。
そしてジャカルタで残された時間は1時間強。
やっぱり前方の座席を指定しておいて良かった♪
ヴィザ購入窓口(VOA)は、動く歩道の両サイドにあります。動く歩道には入らないようにしましょう。
VOAで$25支払いヴィザ購入、並びにあるイミグレ(入国審査デスク)で入国手続きして頂きます。
入国スタンプが押されているか?ちゃんと日付が合っているか?チェックします。
国がインドネシアです。忘れることも、悪さされることもあるそうですので。。。
そしてバゲージクレームへ。荷物を預け入れた方はターンテーブルで荷物をピックアップします。


↓そしてここが問題です。
e0142189_21581445.jpg

ターンテーブル付近にある看板ですが、皆さんだったらどちらに行きますか?
まっすぐ?右?
この看板の右手にはメインの税関を通るためのX線検査場があるのですが、そこには長蛇の列!!
この看板をよく見ていない方は、間違いなくすぐ右にあるX線検査場を通ってメインの税関を通るかと思います。
そう、列があると、間違いなく並びたくなります^^;
ライオンエアー等、別のターミナルに行かなくてはいけない方はこちらへ。
でも、インドネシア国内線でガルーダとメルパティに乗り換える方はこの看板の左を見て下さい。
正解は、まっすぐなんです。
この看板、ほんとに分かりにくいですよね^^;何とかしてほしいです。

看板通りまっすぐ直進すること数分。(結構歩きます)
やっと一番端っこ(奥)にあるX線検査場を発見しました。
こちらで荷物をX線に通し、税関スタッフに申告書を渡す。
(筈なのですけど、この日はそんなスタッフさんの姿は無く、そのまま外へ^^;)


↓すぐ左手に、ガルーダの乗り換えカウンターがありました。
e0142189_21582561.jpg

ここでチェックインし、再度荷物を預けます。

ところで、この時期 ジャカルタ→デンパサールのガルーダ国内線は、
デンパサール空港の旧インターナショナルの建物で降ろされました。
この旧インターナショナルの出口には両替所は無いと事前に教えられていましたし、
何といってもこの日はガルンガン、バリ ヒンドゥの祭礼日です。
バリ デンパサールへの到着が夜ですので、街中の両替所もまず閉まってる可能性大!と考えました。
では、ジャカルタで少しは両替しておかないといけませんね。

ガルーダ乗り換えカウンターのお兄さんに両替したいと言うと、「出て良いよー」と言われましたので、
カウンター横にある出口を出て、すぐ左にある両替窓口で両替しました。
但し、ここのレートは本当に悪いです。(確か1万円→Rp1,020,000かRp1,030,000のどちらか)
翌日のサヌールではRp1,150,000でしたので驚きの悪さです。。。
もしかすると、メインの方の税関を出た付近にある両替所の方がレートは良いかもしれませんね。


↓そして、ガルーダの乗り換えカウンター向かって左手から国内線エリアに入り、この看板を目指し進みます。
e0142189_14223162.jpg


↓この階段の右手にエスカレーターがありますね。
e0142189_21583813.jpg


↓このエスカレーターを上ります。
e0142189_21584614.jpg


↓エスカレーターを上ってすぐ電光掲示板があります。ゲート変更が無いかチェックします。
e0142189_21585547.jpg


↓そして待合所へ。
e0142189_2159146.jpg

ここに入る手前でボーディングパスをチェックされるのですが、
ここで国内線の空港使用料Rp40,000を支払わないといけないかも?と思い用意していたのですが、
特にそのような催促は無く、全く支払いませんでした。
もしかすると、メインの税関から出て一度空港建物を出てしまった方、
そして通常のチェックイン・カウンターでチェックインされた方はここで支払う必要があるのかしら?
など推測しましたが、未だ不明です。。。

この待合所では色んな便を待っている方たちがいます。自分の便が搭乗案内されるのを待ちます。
この待合所には全くお店はありませんが、トイレはありました。


そして、ディレイ当たり前なガルーダ国内線。
何故か定刻で搭乗案内されました!
ですが、喜んだのも束の間。。。
ちゃんと定刻に搭乗案内されたのになかなかテイクオフしません。
ジャカルタ上空がまだ混み合っているようです^^;そうでした。
やっぱり、考えが甘かったようです。

ところで、このGA426では食事がサーブされます。お味はともかく、ちゃんとした夕食でしたよ!


↓さて、約2時間でデンパサールに到着です。
e0142189_2201722.jpg

先程 デンパサールの空港では旧インターナショナルの建物に降ろされる、と書きました。
確かに旧インターナショナルの建物に降ろされました。
しかし、この建物に入る扉の上にはDOMESTICと書かれた看板がww
間違いなく旧インターナショナルの古い建物内なのですが、新インターナショナルの建物が完全に出来上がるまで
一時的にジャカルタからの国内線到着用バゲージクレームにされてしまったのでしょうか?
そしてこの扉、荷物を流すターンテーブルへの流し入れ口の隣にあります。
裏口丸見えです。何となくバリっぽさが残されている点嬉しく感じたのは私だけでしょうか。
やっぱりバリは止められませんwww

最後にオチをもう一つ。
建物を出てお迎えの方たちがいるエリアを出ると、キヨスク的なお店があります。
その中に両替店がありました。
まるでキヨスクw
確かレートはそんなに良くはなかったのですが、念のため両替できるか聞いてみました。
すると、もう、ルピアが無い!と^^;
それでもお店を開けておく。バリらしいなーと思いました^^

次は、恐怖の帰国便のことを。

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-11-16 19:19 | 旅情報 | Trackback
2010年 08月 02日
ガルーダ、頑張ってます!?
e0142189_23113148.jpg

今回渡バリで利用したのはガルーダ♪

同日の夕方バリ着で夜から楽しめる!ってことで、ここ数年ず~っとガルーダを利用してる私。
ついに最新型エアバス A330-300!に乗るチャンスがやって参りました~
ワクワク♪

しかもガルーダ!
2009年12月には、スカイトラックス社
(イギリスに拠点を置く、世界の空港や航空会社の評価を毎年行っている航空サービスのリサーチ会社)
から4スターの認定を受けたそうだし!
2010年度の「世界で最も改善された航空会社」にも選ばれた!(詳細はこちら


な・ら・ば!

折角なのでたまったマイル利用して、
最新型のビジネス体験してみよう~!
ということに♪


全ての最新型に採用されているかは不明だけど....
機内ファブリックに、ユネスコより無形文化遺産に登録されたバティックのモチーフが採用されているそうで、
↑の座席がそうだと思われます。
横の触角みたいなの....
可動式の読書灯です(笑)


続きはこちらから~長くなります!
[PR]

by slow-foxtrot | 2010-08-02 20:35 | 旅情報 | Trackback | Comments(14)
2009年 07月 26日
バリの神様からのウエルカム♪

今日からは、今回の旅の始まりから&アリラ・ウルワツの諸々のことを交互にご紹介していきます^^

旅の始まりは成田から....
行きの飛行機からビンタンが飲みたぁ~い!
とワクワクしつつ、エコノミー最前列の窓際の席へ座る。。。

機内では、CAさんが恒例のオレンジジュースを配っていました。
間もなくCAのおじさん登場!
「チケットを見せてください」....と言ってる。
彼の後ろには、インドネシア人と思われるイブが立っていました。

e0142189_13371311.jpg

???
とりえあえず、私のチケットを渡す。
CAのおじさん、私のチケットともう一つのチケットを見比べてる。
隣りに座ってた日本人女性が、両方のチケットを覗いて一言....
「番号が同じだった!」と。
ガ~ン^^;ダブルブッキング???....よりによって私の席が??
混雑していた機内。一瞬、降ろされる?....と頭を過る。
でも、もう乗っちゃったもんねぇ~CA席だろうがパイロット席だろうが絶対に座ってやるぅ~っ!ビンタンがあれば結構^^!
と腹をくくる。。。

その結末は?続きはこちらから~
[PR]

by slow-foxtrot | 2009-07-26 10:51 | 旅情報 | Trackback | Comments(18)