カテゴリ:BALI*East( 83 )

2016年 03月 13日
** Villa Infinite Horizon in AMED    June 2015 **
e0142189_22582460.jpg

お部屋に入ってこんな可愛いワンコを見てしまったら、
もう、、
多少のことはどうでもよくなってきますねw



アメッドのお宿は Villa Infinite Horizon
(公式Facebookページ はこちら



いつも渡バリの目的は休養。

つまり癒し、なのですけど、癒されるにも色々ありまして、
スパだったり青々とした田園風景だったり、動物たちが住む国立公園だったり、
素敵なリゾートだったり、バリの人たちの祈る姿だったり笑顔だったり。
そして、海に囲まれた島、ですから、
刻一刻と変わっていゆく素晴らしい海の景色だったり。



水平線から昇ってくる太陽や沈みゆくものを観ていると、
体の隅々までエネルギーが満たされて、ちいさなことはどうでもよくなってくるのですw
不思議なものですね。



そしてこの時アメッドに向かったのは、海の中の生き物たちを観ること。
そしてアメッドの透き通った青い海に心染めること、でした。



最初、むっちゃんのガランカンギンに滞在して
ママダイブでシュノーケリング三昧して過ごそうかーと思っていたのですけど、
2度3度と渡航先の変更をしたため、予約時期が遅くなってしまい希望したカテはフルブック。
次に Pさんのアクアテラスにご連絡したところ、こちらも難しく、
結局は Pさんのご紹介で近くの Villa Infinite Horizon というお宿に滞在することになりました。



↓滞在したお部屋のテラスからの眺め。
e0142189_22495175.jpg

海、青いです♡


↓滞在したお部屋の諸々。
e0142189_18113842.jpg

確かオーナーさんはアメリカ在住の日系アメリカ人とお聞きしました。

お部屋内、必要なものは電話以外揃っていましたし、
私は現地携帯や日本からスマホを持ってきていましたから特に困ることはありませんでした。

素敵なインテリア、などは期待してはいけませんが、
それ以上にここではテラスで過ごしたり野外で過ごすことが多いため、
基本的なものが揃っていればもうそれだけで十分なのですよね。
参考までに、一人分の湯量、シャワーのみですが十分に出ました。


↓テラスから朝日を。
e0142189_22533563.jpg

この時期右側から朝日が昇りました。
素敵でしたねー

e0142189_22551422.jpg


↓朝食はテラスで。
e0142189_18181075.jpg

前日までにお願いしておきましょう。


↓ジュクンが帰っていきます。
e0142189_22571185.jpg


↓この日はバナナ・パンケーキを。
e0142189_18195534.jpg

クレープタイプのパンケーキです。

e0142189_18191911.jpg


↓午後のテラスでビンタン・タイム。
e0142189_2256566.jpg

むっちゃんのママダイブで2日間シュノーケリングをお願いしました。

1日目はママダイブ前のビーチで可愛いお魚ちゃんと戯れ、
2日目は、むっちゃんご一家とリパで午前中だけのシュノーケリング。
こちらは珊瑚がとても素晴らしかったですね♡
荷物番してくださったマンクーさんがいらっしゃるとは知らず、少額のルピアしか持ってこなかったこともあり画像はありません。


↓ブンクスしたナシチャンプル。
e0142189_22554163.jpg

シュノーケリング・スポットへは滞在先のスタッフさんにバイク送迎でお願いしました。
バイクの後ろで必死で守ったつもりなのですけど、ブンクスしたナシチャンがぐちゃぐちゃにww
これも良い思い出ですが。


↓パブリック・プールがあります。
e0142189_22502844.jpg

インフィニティ・プール。
プールの中に入ると、海と一体化したような錯覚を起こしてしまいます。

e0142189_22512896.jpg


↓スタッフさんたち。
e0142189_22573440.jpg

真ん中がマネージャーさんです。
とても親切な方たちですが、自分からアクションを起こさないと色々と困ることが出てきます。
やりたいことや何か希望がありましたら、受け身ではなくこちらから伝えることがここで快適に過ごすコツでしょうか。


**上記は、全て2015年6月の時点でのものです**

[PR]

by slow-foxtrot | 2016-03-13 14:12 | BALI*East | Trackback | Comments(3)
2016年 01月 24日
久々のサテ・イカン ** Mertha Sari , Jun 2015 **
e0142189_18404186.jpg

バリ東部、塩田で有名なクサンバを過ぎたあたり。

お魚をミンチにしてスパイスとまぜ串焼きにしたサテ・イカンのお店があります。


セットになっているので、
いつもサンバルマタやインゲンのお惣菜やスープ、ピーナッツも一緒に頂くのですけど、
こちらのサンバルマタとスープの味付けが好きで、いつの間にかメインのお魚のサテを頂くよりも、
ご飯とスープ、サンバルマタとインゲンのお惣菜があればOK♡といった感じにw


近頃はこちらの周辺でサテ・イカンの屋台などが増えていることもあってか、
昔のように、店内が人で溢れるといった感じはありませんでした。
以前はローカル仕様の辛さだったものが今では観光客用の辛さに(とはいっても普通の日本人にとっては十分に辛いですがww)なっているのも原因でしょうか?


↓タンジュンサリをチェックアウト。
e0142189_18412211.jpg

Pさん手配の送迎車でアメッドへ向かいます。


↓ドライバーさんのお嬢さま仕様の車内。
e0142189_18423113.jpg

車内は可愛らしいキャラクターグッズがいっぱいw


↓ムルタ・サリ到着。
e0142189_1843968.jpg


↓セット1つとテ・ボトルを注文します。
e0142189_18431967.jpg

お魚のおだしが効いたスープに新鮮なサンバルマタ♪
スープも辛いのですけど、一緒にサーブされるピーナッツと頂くとマイルドになります。
お魚もいいですけど、やっぱりこの組み合わせが好き♡
量は、女性なら2人で1セットで十分でしょうかねw


↓アメッド向かって出発!
e0142189_18444741.jpg


次はアメッド到着です。

[PR]

by slow-foxtrot | 2016-01-24 13:06 | BALI*East | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 01日
青の世界へ。
e0142189_14342234.jpg


今年6月に滞在したホテルのお部屋のテラスにて。


e0142189_14275666.jpg


シュノーケリングの後、

ブンクスしたナシチャンプルをビンタンと共に頂く。

小さな、小さなことなのでしょうけど、

心を癒すには十分なんですよね^^



e0142189_14314649.jpg

そして、こちらでは朝日を眺めながら朝食を頂けます。

ちょっと暑かったけれど、それだけで幸せなひとときでしたww

[PR]

by slow-foxtrot | 2015-10-01 14:46 | BALI*East | Trackback | Comments(4)
2014年 12月 18日
ウブドに向かう途中で ** Mahagiri Panoramic Resort & Restaurant  October 27, 2013**
e0142189_17221085.jpg

2013年秋バリ。

アメッドでの滞在を終えウブドに移動します。





バリでの楽しみ。



人それぞれではありますが、

例えば、原風景を求めてバリの田舎に足を延ばすのもひとつですし、
神秘的な宗教儀式を見学したり、
伝統芸能の定期公演に出かけてバリのエキスを吸収するのもお勧めです。

又、タラソテラピーの効果を期待してシュノーケリングやダイビングを楽しんだり、
豪華なサンデーブランチに参加して日頃のストレスを発散する、
それも今のバリでは珍しくもなんともなく普通のことなのですよね。




でも元々バリ初心者の頃の楽しみといったら何だったのでしょう??


私の場合は、バリのフルーツを頂くこと♡



とても小さく素朴なことでしたww




バリでは、雨季になるとマンゴーなどの瑞々しいフルーツがスーパー等で安価で手に入ります。
それをジュースにして頂くことに小さな幸せを感じていました。
勿論今でもマンゴーやマンギス、ランブータンは大好き♪
朝から頂けると嬉しくてたまりませんww
でも慣れてくると有難みも半減するようで。。。


昔はこんな素朴なことがバリ滞在での楽しみだったりしたのですよね。
このトップ画像を見ていて、昔のことを思い出してしまいましたw



因みにトップ画像はマハギリのマンゴージュース。

マンゴーが採れない乾季には、ジャワ島からマンゴーを仕入れているとのことで、
2010年7月に滞在した際も美味しいマンゴージュースを頂くことができました^^
来年バリに行くことができたら、最初にマンゴージュースを頂くことにしましょうかねw





それではまず、アメッドからマハギリに向けての走行中の出来事から。



↓ここは、もう少しでマハギリ~という場所でのこと。
e0142189_17191072.jpg

突如、車が止まってしまいました。。。
???と思っていたら。


↓タイヤがパンクしたようです。
e0142189_17193116.jpg

ネコふみさん、頑張ってタイヤ交換しています。
何も手助けできない私は、近隣をお散歩したり通りかかった人を眺めていたりww


↓以下、その間に通りかかった人たちです。
e0142189_1719472.jpg

色々なものを載せた車やバイクが通りかかります。

e0142189_17202228.jpg

e0142189_17203419.jpg

e0142189_1721588.jpg


↓タイヤ交換も終わり、マハギリに到着です。
e0142189_172152100.jpg

マハギリ(オフィシャルサイトはこちら
以前何度か立ち寄ったり滞在したこともあるマハギリ。
ここの眺めは最高に素敵なのですが、この時は肝心なアグン山が雲で隠されて残念なことに。。。


↓ランチを頂きました。
e0142189_1722277.jpg

こちらのランチはバッフェが中心ですが、アラカルトで注文しました。

相変わらず、ブサキ寺院があるこの近辺はのーんびりとした空気感が漂っていますねww

バリでは、ここ数年南部からウブドにかけての地域は凄まじいほど変化してきました。
その変化と共に観光客である私たちが求めるものも年々変わってきているのが良いのか悪いのか。
ちょっと歩けばコンビニやスーパーがあり何でも手に入る生活。

南部に滞在していると、
今どの国にいるのか?分からなくなるほど街には世界各国のレストランやワルンが並んでいます。
バリにも飽食の時代到来、でしょうか。
そういった面では日本とあまり変わりありませんね^^;
そして滞在しているホテルやカフェなどでの無料WIFI は当たり前、です。
便利になって嬉しい反面、ちょっと寂しく感じることもあるという複雑な心持です。


↓そして最後は、ワイルドな一皿を。
e0142189_17225998.jpg

目がテン。。。
ちょっとこれって。。。


次回はウブドに入ります。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-12-18 20:01 | BALI*East | Trackback
2014年 12月 07日
** Villa Bukit Segara(滞在中の食事編/ブンクス & 外のレストラン含む) October 19-22 2012**
e0142189_15112391.jpg

アメッドの Villa Bukit Segara。
(オフィシャルサイトはこちら




お部屋紹介編プール周り編菜園見学編に続き、滞在中の食事編に参ります。




滞在2日目の朝ご飯からローカルなナシチャンを食す(爆)

お宿のレートには朝食が付いていますから本来必要ないのですが、
一緒に滞在していたMさんと私自身の希望により、朝食用にタイチョが買ってきてくださいました。



朝からローカルなナシチャンをブンクスして美味しそうに頂く日本人に
お世話をしてくれたワヤンちゃんもオーナーのデレクさんもびっくりww


私はこちらの前がアマンの連続滞在でしたからローカルなナシチャンの口になっていましたし、
Mさんはアメッドでの初滞在でしたから、ローカルなご飯にチャレンジされたかったのですね。
ランチで頂いてもよかったのですが、
何せアメッドでの滞在日数が少なく胃が足りないのでありますwww



ですから、こちらのヴィラで作っていただいたものは、
朝食とランチ時にサラダ、ディナーを1回だけ。
思い返すと、殆どはブンクス又は外出しての食事でした。


以下、ヴィラの食事だけでなくブンクス、外食なども入っています。



↓朝からタイチョがブンクスしてくれたローカルのナシチャンプル。
e0142189_14464617.jpg

ブンクスですから、正直あまり見た目は宜しくないのですがwww
こちらの前がアマンでの食事でしたから、激辛なローカルの味付けがとっても美味しく感じるのです。

お宿の朝ご飯もありましたから、Mさんと二人で1つを分け合って頂きました。
やっぱりローカルのご飯は美味しい!
この時(2012年10月の時点)で1つ Rp3000(30円以下)なわけですから驚きです。
バリでは美味しい物が高いとは限らず、とても安い物でも美味しい物はあるわけですね。


↓こちらはお宿の朝食です。
e0142189_14492395.jpg

ブブルを作っていただきました。
調理風景を見ていると、masakoという市販の調味料を使用していました。
バリではメジャーなのだそうです。


↓タイチョがブンクスしてくれたランチ用のタコサテ。
e0142189_1459898.jpg

何度もパシリのようにブンクスのため走ってくださったタイチョ。。。
いつも申し訳なく思いつつも有り難く頂くのでありました。


↓(左下)アンダ・アメッド滞在時に何度か頂いたことがあるレバーパテです。
e0142189_1574222.jpg

こちらもタイチョによるブンクスです。
レバーパテって赤ワインが合いますよねww

(左上)ブンクスしていただいたタコ・サテに付いていたスープ。
(右上)ランチ用にヴィラでオーダーしたサラダです。
(右下)この時期限定?オーナーのデレクさん恒例カクテル・タイム(夕方5時~6時)
本来そのようなイベントは無いのですが、デレクさんの気まぐれ?で自然とそのような流れになっていました。
時にデレクさんの奢りがありますが、当然自分が持ち込んだもの以外は有料です。


↓お宿を抜け出し、セイルズでタイチョ&Mさんとビンタンを頂きました。
e0142189_15462074.jpg

恒例のカクテル・タイムをスキップしたところ、
その間、オーナーのデレクさんが寂しそうにビンタン5本を空けていた事が判明しました。
ディナーのためにヴィラに帰った後もデレクさんは飲み続け、こちらもお酒を勧められww
うっかり飲みすぎてしまったので要注意、ですwww


↓アメッド最後の夜は、ヴィラでディナーをセッティングしてもらいました。
e0142189_16241848.jpg

予めワヤンちゃんにお願いしてお勧めのバラクーダを手に入れていただき、
調理法は一番美味しい方法で、とリクエストしたところ直火焼きがベストとのことで、
それにサンバル・マタ&ウラブを付けていただきました。
こちらに滞在されていないタイチョと3105さんも私達のゲストという形でデレクさんに了解して頂き、ご一緒に頂くことになりました。

前菜にトマト・スープ、そしてメインにバラクーダの直火焼きにウラブ、
1人一皿サンバル・マタが付き贅沢な気分でした^^
そしてラストはデザート。

ここのお料理、朝ご飯はロスメン・スタイルでしたが(卵料理は美味)、
夜に頂いたお魚料理やトマトスープ、サラダ、サンバルマタとか結構美味しかったのです。
お料理は何となく荒削りな部分がありますが、敷地内の菜園でお野菜を栽培していたり、
家畜を飼っていたり、グラミまで育てているほどですから、
なるべく新鮮な素材を使おうとする努力は感じられるわけですね。

又デレクさん曰く、キッチンスタッフ全員かどうかは不明ですが(恐らく一部)、
バリアスリのペニーさんのレッスンを受けているそうです。
その程度は不明ですが、次回の滞在ではもっと色々と頂いてみいですね。


e0142189_1621893.jpg

この時期、一般のゲストにお部屋を貸し出しして間もないこともあり、
オーナーのデレクさんもスタッフさんも色々と試行錯誤されている感があります。
この時は何事も実験段階だったのでしょうね。
さて今現在はどのようになっているのでしょう??

ハードが素晴らしいですし、スタッフの向上心も素晴らしいと感じましたので今後が楽しみですね!


↓最後はお宿の食事ではなく、滞在中にザ・グリルで夕食を頂いた時の画像を。
e0142189_16215891.jpg

こちらの新鮮なお魚などをグリルしてシンプルに頂くスタイルは日本人にも合うのです。

e0142189_1621396.jpg


*上記の情報は、全て2012年10月時点のものです。



次回からは、
先日の渡米先でのことや
更に2012年、2013年の秋バリで残っていたウブドに参ります。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-12-07 21:09 | BALI*East | Trackback
2014年 12月 02日
** Villa Bukit Segara (菜園見学編) October 19-22 2012 **
e0142189_15314392.jpg

現在渡米中につき、
サンフランシスコからの投稿です。


先日は潮の香りと美味しいシーフードを頂きに
サンフランシスコから南へ115kmの場所にあるサンタクルーズへ行って参りました。

天気予報は雨でしたが、晴れ女っぷりを発揮してサンタクルーズに到着すると雨も上がり
海を眺めながらのランチタイム♫
そして昨日は近くのビーチサイド・レストランでワイン片手に美味しいランチ♡
しかし、アメリカンサイズには未だ慣れることはなくいつも驚きの連続^^;
残すまいと頑張って頂くのですがまず無理ですし、
それが仇となってデザートまでたどり着けたためしはありませんwww

そして今日も朝から寒い。
覚悟はしていましたがこの時期のサンフランシスコは雨が多くそして寒いw
観光には向かないシーズンなのでした。。。
でも今日は悪天候の狭間、
貴重な晴れ間を利用してこれから従姉妹とマカロンの美味しいお店に行き、
そして夕食後は従兄弟の友人とバーに行く予定です。
肝心の従兄弟はニュージャージーにいるので不在なのですが、
こんな悪天候&寒い時には呑むに限りますwww



さて今日の本題です。



2012年10月に滞在したアメッドの Villa Bukit Segara。
(オフィシャルサイトはこちら




お部屋紹介編プール周り編に続き、菜園見学編に参ります。




滞在中、敷地内の菜園を見学しました。

お野菜や果物の栽培は勿論のこと、
牛やアヒルを飼っていたり、グラミを養殖していたりしているそうです。

説明はできないので(説明をしてくださったのですが失念)画像だけでのご紹介です。


↓上から見る菜園風景。
e0142189_15321288.jpg


e0142189_15294832.jpg

よくは知らない植物があったりしますが、恐らく意味なく栽培されるものはないのでしょう。


e0142189_1530034.jpg

↓ハウス栽培も行われています。
e0142189_15301018.jpg

↓サンバルマタの材料バワンメラもあります。
e0142189_15302426.jpg

↓スタッフたちの憩いの場にお邪魔しました。
e0142189_1530356.jpg

↓スタッフ用のスタディ・ルームもあります。
e0142189_15304655.jpg

定期的に英語の先生がいらっしゃるそうで、皆さん勉強熱心です。
私も混ざりたいくらいww


↓きちんと手入れされています。
e0142189_15305530.jpg

↓グラミの養殖も行われています。
e0142189_1531510.jpg

↓そして牛さんまで!
e0142189_15311785.jpg

↓すると当然アヒルさんもいますねww
e0142189_15312959.jpg

e0142189_15293121.jpg


滞在者にとって、
ここで栽培されたお野菜や果物、お魚などを使ったお料理を頂くことが出来るのは嬉しいですよね。

そして漁が盛んなアメッド。
サバやエビなどのお魚類も手に入るでしょうから、
食の楽しみが増しそうです。

あれから2年の年月が流れ、
今はヴィラで頂くお食事はどの様な感じなのでしょう?
次はヴィラで頂いたお食事や、タイチョがブンクスしてくださった食べ物、
滞在中に行ったレストランなども含めご紹介して参ります。


*上記の情報は、全て2012年10月時点のものです。

滞在中の食事編につづく。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-12-02 02:26 | BALI*East | Trackback
2014年 11月 24日
** Villa Bukit Segara(プール周り編) October 19-22, 2012**
e0142189_1519279.jpg

投稿、急ぎます。


アメッドの Villa Bukit Segara。
(Villa Bukit Segara のオフィシャルサイトはこちら




お部屋紹介編に続き、プール周り編に参ります。




バリのリゾートホテルには必ずと言っていいほどあるパブリックプール、若しくはプライベートプール。



近頃バリで観光や街歩きをする機会が殆ど無くありがたみが減ってしまいましたが、
湿度が高く暑い時期など、
特にスミニャック辺りで街歩きした後にはプールでクールダウンできると結構嬉しかったりします。
そして何も水着にならずとも、プールサイドでお昼寝や本など読んでいるだけでも癒されますねw



そしてこのブキセガラにもプールがあるわけですが、
何と言っていいのでしょうか。
一度見てしまうと、入らずにはいられないプール、なのですよねww

特にガシガシ泳ぐわけではないので大きさは十分ですし、
何より水が綺麗で、更にプールから海が見えるデザインも素敵ですし、
この時はたまたま私とMさん、飛び入りされたタイチョだけの貸し切り状態でしたから寛ぐには最高な環境。
なのに、2度ほど泳いだりプカプカしたりした記憶はありますが、
あまりここで寛いでいた記憶が無いのは何故でしょう。。。
忙しない旅人@日本人、いつかここで寛げる日が来るのでしょうかww



↓アウトサイド・リビングからプールへ。
e0142189_14361784.jpg


↓デッキチェアもあります。
e0142189_1440169.jpg


↓青い空にブーゲンビリアが映えますね♡
e0142189_15131069.jpg


↓地下から汲み上げた水をフィルターで濾過して使用しています。
e0142189_1514849.jpg

透き通った綺麗な水を見ると、ここは本当にバリ?と思ってしまいますねww
プールは子供用浅瀬プールと大人用の2段になっていて、大人用プールは結構深かった記憶があります。


↓Mさんも気持ち良さそう!
e0142189_14581752.jpg

まるでザ・レギャンのインフィニティープールのようですw
タイチョの浮き輪をお借りしました。


↓雲が流れて行くー
e0142189_14582954.jpg


↓ワヤンちゃんにジュースをお願いしました。
e0142189_158991.jpg

外出から戻った際など、必ずワヤンちゃんが飲み物を勧めてくださいます。
まるでバトラーさんのようww


↓椰子の木陰が揺れています。
e0142189_15135750.jpg


↓お庭にあるバレブンゴン
e0142189_1520186.jpg


↓Mさん、マッサージ担当のイブのマッサージを受けていらっしゃいましたね^^
e0142189_15132848.jpg

ファミリールームの一部屋がスパルームとしても使われているようですが、
こちらのバレブンゴンでもマッサージをお願いできました。


↓シュノーケリングが楽しい海。
e0142189_15134443.jpg

この時は蕁麻疹が出たり、
シュノーケリングに都合の良い潮が満ちている時刻が早朝だったこともあり諦めましたが、
沖合で地元の子供たちがよく遊んでいましたねww
きっと楽しいのでしょう。



*上記の情報は、全て2012年10月時点のものです。



次回は、菜園見学編に参ります。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-11-24 21:01 | BALI*East | Trackback
2014年 11月 23日
** Villa Bukit Segara(お部屋紹介編) October 19-22, 2012**
e0142189_15204069.jpg

今日からは、2012年秋バリで滞在したアメッドの Villa Bukit Segara に参ります。




トップ画像は、
左からタイチョ、私、オランダ人オーナーの Derk さん、Mさんです。




オーナーの Derk さんはいつもバリにいらっしゃるわけではなく、
私とMさんがチェックインする日に合わせオランダから到着されました。




当初このヴィラは、Derk さんご自身がバリで過ごされる別荘として、
又 ご友人たちにバリで快適に過ごせる空間を提供したい、
との思いで建てられたプライベートヴィラだったそうです。
それを、今は一般の方が滞在できるお宿として開放されました。




メールのやりとりを開始したのは2012年7月頃。
こちらの予約はユーロでのデポジット(レートの50%)が必要なのですが、
この時点では Card も Paypal も使用できないとのことで、
直接CASHを持っていくか海外送金するしか方法は無く、
海外送金しようと出張先で銀行に足を運ぶも、メールで教えられたswift コードが違っていたり
送金先のことで教えられた諸々がアバウトだったこともあり、
与えられた情報だけでは送金は無理、と判断したのでした。
きっとこの時期、まだ一般の滞在者の殆どがウォークインのゲストだったようですので、
今現在は改善されていることでしょう。多分、ですがw


そして、もうこちらの滞在は無理かも?と思っていたところ、
タイチョから9月にアメッドに滞在されるので代わりに立替えてくださるというお申し出があり、
こちらのヴィラにその旨メールでお伝えしたところ、
それではデポジットは9月中に、そして残金は滞在中に、ということになりました。

今は、滞在が確実な方のみアクアテラスさんが予約代行してくれるようですね。
(*後日追記:ご紹介記事はこちら
興味を持っていた方にとっては、やれやれ、ですねww




さて、実際に滞在してみた Villa Bukit Segara、
Derk さんのこだわりが随所に感じられる素敵なお宿でした。

あまりにも画像が多いので、数回に分けて投稿します。


滞在したのは今から2年前のこと。
詳細をご紹介するには日が経ちすぎていますので、詳細はオフィシャルサイトでご確認くださいね!
(オフィシャルサイトはこちら

それでは、こちらも画像多めで一気に参ります。



↓まずは、アメッド入りの感動をこちらの画像で。(帰りのものなので逆方向ですがw)
e0142189_15205959.jpg

こちらは車窓からの風景なのですが、アグン山と海の中の珊瑚を一緒に見ることができました♪
勿論シュノーケリング中の方も。


↓到着です。
e0142189_14473148.jpg

滞在中お世話になったワヤンちゃんです。


↓エントランスとキッチン。
e0142189_16283557.jpg


↓建物を入りまっすぐに進むと海が見えてきます。
e0142189_14371526.jpg

こちらは到着時のものですので夕刻近く。
潮の満ち引きの関係で時間によって海の見え方が違いますが、いつ見ても素敵でした。
この時は蕁麻疹が出ていて予定していたシュノーケリングが出来なかったのですが、
Derk さんによると、こちらでのシュノーケリングはとても楽しいそうです。


↓アウトサイド・リビング&ダイニングからは居心地良さそうなバレブンゴンが見えます。
e0142189_14373568.jpg

このアウトサイド・リビング&ダイニングの真下にはプールがあります。
プールのご紹介は別の投稿で。


↓アウトサイド・リビング
e0142189_16373357.jpg

シーリング・ファンがあり居心地良さそうでしたが、滞在中こちらで寛ぐことは殆どありませんでした。
奥に見えるお部屋はライブラリーです。


↓アウトサイド・ダイニング
e0142189_16374368.jpg

朝食からランチ、夕食まで、こちらで頂くことができます。
奥に見えているのがキッチンです。

テーブルの向こう側に置かれているのはゴンという楽器でしょうか?
こちらでは働いているスタッフさんの為、決まった時間にこれが打ち鳴らされます。
休憩やランチの時間を知らせるためなのだそうです。

後の投稿で出てきますが、こちらはスタッフさんの教育にも力をいれています。
決まった時間に働き、決まった時間に休む。食事を頂く時間も決まっています。
規則正しい生活を送ることが彼らの生活のリズムを作るのですね。


↓インドネシア各地から色んな物を収集されている Derk さん。
e0142189_16371729.jpg


↓滞在したゲストハウス棟のお部屋入り口から見た風景です。
e0142189_15145247.jpg

メイン棟とは別棟になり、2部屋あります。
今回こちらでは、Mさんと私で別々のお部屋を予約しました。


↓ゲストハウス棟の2部屋は殆ど同じ造りです(ちょっとした違いはありますが)
e0142189_14322266.jpg

ベッドの上には花びらが置かれていました。


↓トッケーの落とし物とは縁が無さそうな天井ww
e0142189_15151027.jpg

シーリング・ファンだけではなく、エアコンも付いています。
伝統的なバリの建物ではありませんし、電子蚊取りのおかげで虫に悩まされることは全くありませんでした。


↓自然の明かりが取り込めるガラスドア。
e0142189_1433149.jpg

お部屋の奥にはウォークイン・クローゼット、そちらにはバスルームへの扉があります。
ウォークイン・クローゼットは棚が多く使いやすかった様に思います。

バスルームは明るく、少し外気に触れられるような造りでした。
ゲストハウスのお部屋はシャワーだけですが、湯量は一人分では全く問題ありませんでした。
2人分の湯量がどうかは試していないので不明です。

チェックイン直後の画像↑で、元々設置してあるものがそのまま写っていますが、
この時点ではシャンプー類やドライヤーは無く、ハンディソープ、歯磨き用のお水だけが
置かれていましたので、シャンプー類や石鹸、ドライヤーは持ち込みました。

ご参考までに、こちらで使われる水は、プールの水も含め地下から汲み上げた水をフィルターで濾過したものを使用されているそうです。
Derk さんもヴィラのスタッフも飲み水として使用している程安全なのだそうですが、
前年体験した水の恐怖のこともあり、念のため歯磨きは用意されていたお水を使用しました。
日本人の胃腸に耐えうるか?は試していないので分かりませんww


↓2階のマスターベッドルームと、コネクティングできる1階のファミリールーム。
e0142189_15193831.jpg


↓こちらは1階のファミリールーム。
e0142189_14521022.jpg

一部屋だけの利用もできますが、
共同のバスルームを挟んで2部屋がコネクティングできるようになっていますので、
お友達同士の滞在や、家族連れでの利用が良さそうです。


↓2階マスターベッドルームのリビングからの眺めです。
e0142189_2146363.jpg


↓2階マスターベッドルームです。
e0142189_21465633.jpg

この時はDerk さんが滞在されていて、
使用中に見せていただいたのでカーテンを閉めたままで暗くなっていますが、
目の前が海で風も通るでしょうし、カーテンを開けるとかなり明るそうです。



*上記の情報は、全て2012年10月時点のものです。


プール編につづく。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-11-23 19:20 | BALI*East | Trackback
2014年 11月 19日
暮れゆく空に乾杯 ** Safka Restaurant & Terrace @ The Griya Villas & Spa  October 25, 2013 **
e0142189_012019.jpg

2013年 秋バリのアメッド滞在、続きます。




ガランカンギンに滞在中、

タイチョや703さん、マダムKさんと The Griya Villas & Spa にディナーに参りました。


この時タイチョは恒例の長期滞在中、
そして703さん、マダムKさんはダイビング、私はシュノーケリング目的のアメッド入りでした。


いつも夫々一人旅されていて、この時もたまたまアメッド滞在が重なった方たち。
このお食事会も突然決まりました。





The Griya Villas & Spa 内の Safka Restaurant & Terrace。
(The Griya Villas & Spa のオフィシャル・サイトはこちら




バリのスミクロ界隈にはもっと素敵でゴージャスな場所は山ほどありますが、
アメッドに存在するとは思えないほどの素敵空間。
タイチョが仰る通り、アメッドでは貴重な場所のようです。

こちらも画像多め文字少な目で一気に参ります。



↓むっちゃんに見送られて出発です。
e0142189_17155349.jpg

グリヤのピックアップのサービスをお願いしました。
*むっちゃんには顔出しOKの了解を頂いています。



↓到着後、出迎えてくれたスタッフさん。
e0142189_17262561.jpg

とってもアメッドとは思えない造りに驚きです。。。

e0142189_019535.jpg


↓ディナーはこちらで頂きました。
e0142189_0233059.jpg


↓プールもあります。
e0142189_001325.jpg

プールの中でカクテルなど頂けるのでしょうかww


↓ルーフトップのバーへ。
e0142189_16373630.jpg


↓デイベッドが沢山用意されています。
e0142189_16285945.jpg


↓カクテルを頂きました♪
e0142189_032232.jpg

何を頂いたかは忘れましたが、雰囲気を味わうだけでも価値はありますねw
昼間は海を堪能して、夕方から夜にかけては素敵な空間でカクテルを頂くなんて。。。
グリヤはアメッドのウットリ担当になりそうですねww


↓色からすると、モヒートでしょうか??
e0142189_033963.jpg


↓アメッドの海とアグン山に乾杯♡
e0142189_0505.jpg

e0142189_052517.jpg


↓夕空にアグン山の頂上付近だけが見えました。
e0142189_054128.jpg


↓暮れゆく空。
e0142189_063412.jpg


↓赤く染まった空が綺麗♪
e0142189_06493.jpg


↓日没後の雰囲気です。
e0142189_07280.jpg

女性だけでお酒頂いてる場合じゃないですねww


↓マダムKさんに差し上げた画像です。
e0142189_073424.jpg

ご本人の希望で撮られたショット。素敵でした!


↓下のレストランで食事を頂きます。
e0142189_0866.jpg


↓キャンドルの明かりがロマンティックなレストランです。
e0142189_082737.jpg


↓頂いたものは、画像から推測してくださいww
e0142189_18165253.jpg

ピザがとっても美味しかったことだけは覚えています^^


↓しっかりデザートまで頂いていますね。
e0142189_1817361.jpg


食後、またガランカンギンまで送っていただきました。

私が初めてアメッドに滞在した時と比べると、お宿の種類・選択肢が増えましたね。
でも、今やバリ中でお宿が増えたりお店が入れ替わったりと凄まじい変化をしています。
次回行く時には浦島太郎状態になっていそうな予感ですww



*上記の情報は、全て2013年10月時点のものです。



そして、残念ながら今年亡くなられたマダムKさん。
実はこの時初めてお会いしました。
今年の春の大阪出張中、703さんと3人でお食事しましょうということになりましたが、
この時私が体調を崩し、
仕事先にご迷惑おかけするわけにもいかず残念ながらキャンセルさせていただきました。
そして予想外にも仕事場まで会いに来てくださったのでした。

ご一緒させていただいた時間は短いのですが、小さな接点ながら推測できるお人柄は、
いつも明るく遊び心があって強く逞しい、そして情に厚く思いやり深い。
そんな印象深い方、なのです。

バリではこの時期ガランカンギンで滞在が重なったこと、
バリアスリやグリヤでご一緒したこと、これら限りでしたが、
このトピはその大切な思い出の一部を書き残す意味で貴重な投稿になりました。

最後に、マダムKさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-11-19 21:17 | BALI*East | Trackback
2014年 11月 09日
安らぎのひととき(後編) ** Galang Kangin Bungalows  October 24-26, 2013 **
e0142189_18241100.jpg

2013年10月のガランカンギン滞在。

前編に続き、後編に参ります。(前編の記事はこちらです)



滞在2日目の朝。

アメッドの新たな1日が始まります。



↓こちらはガランカンギン前の浜辺。
e0142189_18233524.jpg

ローカルたちの生活風景が、朝の光の中キラキラと輝いて見えます。


アメッドのビーチは黒砂。
こちらの浜は小石混じりなので歩きにくいのですが、海の中はお魚が多くて楽しいのですよね。
バリでは今まで乾季にシュノーケリングをしたことはなかったのですが、透明度も高かったように思います。


↓ジュクンを浜に上げている人たち。
e0142189_18243568.jpg

バリの漁師さんたちは、このジュクンで漁をするそうです。

e0142189_1815512.jpg

この浜ではバリ島西部のスミニャック辺りとは違い、ローカルの生活がより身近に感じられました。

以前、「アメッドの人たち」とういタイトルでUPしています。記事はこちらです。


↓この朝、ガランカンギンで飼われることになったレトリバーの Dody。
e0142189_18542026.jpg

マンクーさんとソラちゃんにシャンプーされ、むっちゃんが洗い流していました。


こちらには既にワンコやニャンコ、鳥までいます♪
以前は確かジャコウネコまで飼ってらしたような記憶がwww
むっちゃんとマンクーさんは動物好きで優しい方たちです。
愛情をいっぱいもらって、すくすくと育っていくことでしょう^^


この Dody についても既にUP済みです。
↑の「アメッドの人たち」と同じ内容ですが、記事はこちらです。


↓703さんから、子犬がご飯を食べてると聞き見に行きました。
e0142189_1815495.jpg

犬好きの私、この場に居合わせたことが嬉しくてたまりません♡


↓1回目のシュノーケリング後、併設されている MaMa Cafe でランチを頂き寛いでいるところです。
e0142189_1713432.jpg

目の前の海でシュノーケリングをして、お腹が空くと水着のままこちらでランチ♪
喉が渇くとジュース。。。
そして海遊びが終わるとお部屋のシャワーへ直行!
このスタイル、ストレス・フリーで嵌りそうです^^


↓こちらは滞在3日目の昼、MaMa Cafe でチェックアウトの後に頂いたランチです。
e0142189_11214313.jpg

こちらは確かシーフード・サテだったかと。
とても美味しかったのを覚えています。


↓MaMa Cafe の色々。
e0142189_1127824.jpg

左上が朝食のブブル、左下が滞在2日目のランチに頂いたナシゴレンです。
どちらも美味しかったですよー♪


↓最後にむっちゃんとマンクーさん一家の新しい家族、Dody。
e0142189_18323848.jpg

この画像は一年前のものですから、今はもっと大きくなっていることでしょう。
子供たちともすぐ仲良くなったみたいですし、
今頃はきっとガランカンギンのアイドル的存在になっているのかな^^

次回、また会うのが楽しみになりました!!



目の前の海は綺麗ですし、お魚さんたちは可愛いですし、お宿は居心地良いですしww
むっちゃん一家も大好きだし、こちらは来年もリピ確定ですね。



さて次回は、

ガランカンギン滞在中、
夕日鑑賞&夕食で使用した The Griya Villas & Spa の Safka Restaurant & Terrace に参ります。

その後は、2012年10月に滞在した同じアメッドの Villa Bukit Segara に続きます。


*上記の情報は、全て2013年10月時点のものです。

[PR]

by slow-foxtrot | 2014-11-09 07:00 | BALI*East | Trackback | Comments(4)