2013年 03月 23日
** 桜の花 ♡ はな ♡ HANA ♡ **
e0142189_22435023.jpg

春の訪れを告げる桜の花。


桜を見て心ときめかない日本人なんているのでしょうか。



「太閤秀吉の醍醐のお花見」

秀吉の盛大なお花見から日本人の桜好きが始まった、と言われているそうです。


確かに桜を見ると心晴れやか♬

心のモヤモヤなど何処かへ飛んで行ってしまいます(笑)


更に昔の貴族たちは、お花見で歌を詠んでいたそうです。
当時は桜ではなく梅や桃の花だったようですが、可憐な梅には歌が似合うw


そして今の時代はといえば....
歌を詠む代わりにカラオケで熱唱(笑)
決して桜にカラオケが似合うわけではありませんし、
長年お花見客を見守ってきた桜の木にとっては驚きのはず。
特に近年のお花見の変わり様には驚いているに違いありません。

更にその周りでは、
ホームレスの空き缶争奪戦が繰り広げられているそうで^_^;
きっと桜の木ばかりか、昔の人が見ても腰を抜かす程驚くでことしょう。



ところで、

以前、国立の桜通り沿いに住んでいたことがあります。
桜が満開になると、通りには見事な桜の花のトンネルが。


横断歩道を渡っていると、空一面 桜の花♡はな♡HANA♡


そして、大学通り沿いでは、
自宅からこたつを持ち出して花見をする強者も現れます(笑)
当然通りでは車がお花見渋滞起こしていますから、
決してお花見には良い環境ではないのですけど、
こたつに入りながらお酒飲んだりお食事したりww

そのシーンはどちらかというと、
桜の花を愛でると言うよりは、お花見の光景を愛でる、という方が合っていますね。
その場の空気を共有して明るい気分になれるのです(笑)
桜の時期に見られる国立の風物詩w今も続いているのでしょうか。



さて、今年の桜。

実はいまだ全く目にしていません。
上の画像は去年の枝垂桜です。

TVのニュースでは、開花宣言、満開、見頃という言葉が飛び交っていますが、
まるで遠い場所で起こった縁遠いことのように聞こえてしまいます。


神様、
願わくば、お花見する前に散ってしまいませんようにw

お仕事があって忙しいのはありがたいことなのですけど、
気温上昇や雨が降る、というワードを耳にする度にドキドキな今日この頃です。

せめて、来週末までお願いします。

[PR]

by slow-foxtrot | 2013-03-23 00:24 | 日々のこと | Trackback
トラックバックURL : http://slowfox.exblog.jp/tb/19985320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 風に吹かれて。      スパイシー料理で話花咲く♪ *... >>