2011年 03月 12日
祈り
何気ない日の昼下がり
多くはお仕事中だったり学校で勉強中だったり。


土曜からの仕事に備え、自宅で仕事の準備をしておりました。
突如、グラッと。
最初はいつものこと。と思っていましたが、
??いつもより長いし揺れが大きい!何か変。
その後何も持たず、メロンを連れて外に出ていました。


歩道に出ると、地面が波打ってて立てない。
メロンと地面にしゃがみこみ家を見上げる。
と、グラグラ~と家全体が揺れてた。
信じられない光景でした。


しばらくして揺れが止まり、家でテレビをつけると....
ヘルメットを被ったニュースキャスターが大きな声をはりあげて、広範囲の津波予測を伝えていました。

その時点では、「きっといつもよりは大きいけど、そんな大事にはならないでしょう。」と高をくくっていました。
でも夜、仕事の準備が終わり再度テレビをつけてみると....
大きな津波が画面の奥からせまってくる映像が報道されていました。


ニュースで流される映像が信じられず、しばし呆然。
???
今も頭の中では???

でも実際かなりの方が津波などで亡くなり、行方不明になっている。
更に昨夜など、避難してる方達は毛布が行き届かない避難所で一夜を過ごされていたり、
東京地区では殆ど全ての電車がストップし、家に帰ることができずに途方にくれる人たちの姿が。
その時、ある恐怖が頭をよぎりました。


17歳の3月....
大雪で首都圏の交通網がマヒ。
最寄り駅から電車で30分以上かかる駅に1人閉じこめられてしまい、家に帰れなかった時の恐怖を思い出しました。
電車もバスもない。タクシーも長蛇の列。凍える大雪の中、絶望的な気持ち。
でもタクシー待ちしていたそんな時、私の前に並んでいたお姉さんが声をかけてくれた。
私の最寄り駅近くの大学病院の看護婦さんでした。手術があるから急いでいるのだそう。
1時間以上並んだ末、そのお姉さんとやっとタクシーに乗りこむ。
暖かい車内にホッとしたのも束の間....
ドライバーさんからは
「危ないからそこまでは行けないよ~」と言われ絶望的な気持ちになったのを覚えています。
でも行けるところまで行って~とお姉さん。
途中、電信柱に衝突してグシャグシャになってる車を見た。
二人とも何も言わなかったのは、恐ろしかったのとドライバーさんに「これ以上行けないよ」と言われるのが恐ろしかったからと思う。
やっと最寄り駅が見えてきた時に込み上げてきた感謝の気持ちは今も忘れません。



一夜明け、災害の全貌が明らかになりました。
土砂に埋まった家族の近くで、1人になってしまったと泣き叫ぶ女性の姿が頭から離れません。
友人達から心配するメールや電話、
バリに住む友人からも電話が入り、海外にもこの災害が知らされているのだと知りました。


どうか、この災害に合っている方達に一刻も早く暖かくて安全な環境が与えられますように。
一日も早く離れ離れの家族が見つかりますように。
そして、平和な日が来ますように。

mero

[PR]

by slow-foxtrot | 2011-03-12 22:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://slowfox.exblog.jp/tb/14419533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-03-12 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-12 23:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-13 10:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mero at 2011-03-14 00:16 x
☆鍵コメ(3/12)さん~こんばんは。
ご心配かけてます~かの地でもニュースが流れてるようですね。
今週から計画停電始まるそうなので、皆で協力して節電です~
後ほどそちらに伺いますね!
Commented by mero at 2011-03-14 00:24 x
☆鍵コメ(3/13)~こんばんは。
ありがとうございます。
家族親類友人含め皆何事も無かったのでホッとしています。
今回の地震はかなり広範囲に及んでいたようですね~
ご無事で何よりです!!

そうですね。たまたま安全な土地にいたので無事でしたが、ほんと被災された方たちのことを思うと人事ではありませんね。

今何ができるのでしょう?と色々考えましたがちっちゃな脳ミソでは大したことは浮かびません。
まずは節電でしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 空を見上げて      ビーチをお散歩~Kayu Ma... >>